エントリー

Webdiary 導入記録-3

Webdiaryのヘッダー部にお天気情報を実装した際の方法を紹介します。tableタグを使って、ヘッダー部の左端にblogのタイトル、右端にはお天気情報を表示させています。common.cssも修正して罫線の色会わせと、右寄せを行っています。私としては不満足ですが、今はコノ方法しか思い付きませんでした。まだ他の良い方法が無いか考慮中です。①header.html、②common.cssを変更します。


---変更前

---
<body>
<div id="container">
<div id="header">
<h1><a href="${INFO_PATH}">${INFO_TITLE}</a></h1>
<p>${INFO_DESCRIPTION}</p>
</div>


---変更後

---
①header.htmlの変更
<div id="container">
<div id="header">
<table width="100%">
<tr>
<td width="320pixels"><h1><a href="${INFO_PATH}">${INFO_TITLE}</a></h1><p>${INFO_DESCRIPTION}</p></td>
<td>
(ここにお天気情報を入れる)
</td>
</tr>
</table>

</div>
②common.css の変更
table {
margin-bottom: 10px;
border: 1px solid #C0C0E3;
border-collapse: collapse;
}
table tr th {
padding: 1px;
border: 1px solid #C0C0E3;
background-color: #EEEEEE;
text-align: center;
}
table tr td {
padding: 1px;
border: 1px solid #C0C0E3;
text-align: right;
}

続きを読む»

Webdiary 導入記録-2

ヘッダー部にアクセスカウンタを実装した際の方法を紹介します。同一行の左端にメニューを表示し、また右端にアクセスカウンタを表示する為にスタイルシートを作成しました。アクセスカウンタはASJ社のオリジナルを使っていますが一般的なモノでも利用可能だと思います。header.htmlファイルを以下の様に変更して下さい。

続きを読む»

Webdiary 導入記録-1

Webdiaryを、ASJ社のサーバへ導入した際に「Can't locate webliberty/App.pm」エラーが発生したので、以下の変更を行いました。必ず、3個のファイル:①diary.cgi, ②diary-tb.cgi, ③diary-paint.cgiを修正して下さい。


---変更前

---
use strict;
use lib qw(./lib);
use webliberty::App;
my $app_ins = new webliberty::App;
$app_ins->run;


---変更後

---
use strict;
use lib qw(/home/(ユーザID)/public_html/(Webdiary導入ホルダ名)/lib);
use webliberty::App;
my $app_ins = new webliberty::App;
$app_ins->run;

続きを読む»

事務所の閲覧制限

コッチのADSLプロバイダは中国電信が主流らしいですが他にも小会社も有るようです。驚いた事にビルや建屋で契約出来る会社が指定されていて他の会社の選択の余地が無い場合も有ります。つまりビルや建屋に企業が独占している訳です。これは建築主が何処かの会社と繋がりが有ったりして他所の企業が入り込めない慣習が有る事が原因だと思います。そんな事でADSLが遅いだの、繋がらないだのクレーム言った所で「だったら使わなくてイイヨ」と横柄な態度で対応されるのが関の山です。ところで事務所では、従業員は普段自由にインターネットが利用出来る環境が有ります、それが最近仕事中に動画を見る者が、それが頻度も多いので、閲覧制限を入れようと考えました。以前にも電脳に設定を行っていましたが対策として弱いので、今度はMODEM側に入れ込もうと思っています。中国には10サイト以上のダウンロードサイトが有りますので、先程まで禁止リストを作成していました。中には有名な検索サイトも有り仕事でも使っていますが、仕方有りませんね。仕事に支障が出るのなら緩和したいと思っています。

WindowsMeのPC

先週、以前から付き合いの有る仕入先へ行きました。そこには日本人の方が数名駐在されています。ソノ中の1人から「自分の電脳が動かなくなって困っている」という話しを持ち掛けられて、成り行きで私がソノ電脳の復旧を手伝ってみる事になりました。普段の仕事中ではソノ電脳をジックリ眺める事も出来ないので、私が一旦、電脳を預かってみる事にしました。「なんとか成るだろう」と見込んで引き受けた訳ですが、自宅に戻って電脳を起動してみると、ナントそれはWindowsMeでは有りませんか?今時、こんな古い電脳も有ったのか?と少しですが感心した次第です。さっそくHDDのチェックディスクを行うとアチコチでファイルアロケーションがオカシクなっている模様です。最悪、HDDのクラッシュでは無さそうなので一安心。この電脳をどの様に復旧させるか?考える事にします。

季節の変化が明確に

先週の週末あたりから季節の変化を明確に感じました。従来は晴れ又は曇りで、せいぜい20℃程度の乾燥した天気だったのが、先週の週末では気温が24℃以上、湿度も70%以上になり、ついには週末に雷雲が発生し相当量の降雨が有りました。これはもう夏の気候です。この陽気のお陰で長袖にジャケットでは蒸し暑く感じます。今週からは半袖シャツを着ての出勤となりました。

Sony≠Song Ericsson !?

少し前に、仕事上で付き合いが有る仕入先の彼が、深?市の華強路(日本の秋葉原と同じ様なところ)で買って来たとう携帯電話を持っていました。私も新しいモノ好きなので直ぐに見せてくれと頼んで、その携帯電話を見たところ、ブランド名が Song Ericsson となっているでは有りませんか?しかも双SIM双待で200万画素のカメラが付いて550元(約8300円)と驚異的な安さです(ちなみに、私が同機能の携帯電話を彼の約2ヶ月前に買った時は2400元(約36000円)です)。私は直ぐに、この携帯電話はソニー・エリクソンのコピー品じゃ無いかと疑いました。すこし時間が経って、昨日、私が華強路へ行き、幾つかの携帯電話店へ入り、店員に Song Ericsson という会社の携帯電話は有るか?と聞いたのですが全て"ノー"、そんな会社は知らないとの返事。こりゃもう100%、あの携帯電話はコピー品だと思い込みました。私は、その事がどうしても気に成ったので今日、Yahoo中国で検索を行ったところ関連情報(
http://ks.cn.yahoo.com/question/1406102903524.html )を見つけました。この情報に依ると、Song Ericsson はソニー・エリクソンのブランド名だと言っています。え~~そんな!? ちなみに Yahoo!JAPANで、Song Ericsson を検索しても、その様な記事は有りません。そんな訳で未だにこの情報の真偽が判らないでいます。

リンク集を追加しました

右側のナビゲーションにリンク集を追加しました。過去から使って来て特に良いと思ったソフトや、ストリーミング・ラジオ情報等を、書き込みたいと思っています。これらは、私自身も普段使っているので、この様にリンクを貼っておけば、今後更に便利だと思います。

鳥インフルが心配です

このところ中国のアチコチで鳥インフルが流行しています。ここ広東省と香港でも死んだ野鳥からウィルスが検出されたり、古里への帰省を終えて広東省に来た人が感染したり、それに昨日のYahoo!JAPANの記事 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080315-00000014-rcdc-cn では、広州の市場でニワトリの大量死する事件が発生しています。偶然ですが、私のアパートから徒歩で10分以内の所に市場が有って生きたニワトリやニワトリの処理肉が販売されています。それにバイクの荷台に数十羽の生きたニワトリを乗せて移動する様子を良く見かけます。更に極めつけは私のアパートの1階下のベランダに5羽程度のニワトリが放し飼いされているではありませんか?こんな身近な所に迄、ニワトリが飼育されていると全く安心とは言えない状況です。1階下の住人は恐らく時々にニワトリを絞めて調理していると思います。個人のベランダとは言ってもニワトリの飼育はダメだと思います。将来も飼育が続くのなら管理事務所に改善を依頼しようと思っています。

百度と土豆との違い・・

コッチで代表的なダウンロード・サイトとしては百度 http://mp3.baidu.com/ と、土豆 http://www.tudou.com/ でしょう。今でも当局からの摘発を受けないで稼動し続けています。でもテレビでは度々これらが、違法ダウンロードの元凶として報道されていますので摘発・閉鎖は時間の問題だと思っています。さて、この二つのサイトの仕組みに違いが有るようです。まず土豆は、サイトの中に個人から投稿されが音楽や映像が蓄積され、誰でも聞いて見る事が可能です。さらにサイトから専用ソフトをダウンロードすると、それらを自分のPC内に保存する事が出来ます。そして百度は何が違うかと言うと、サイトには音楽や映像は蓄積されません。音楽や映像が公開されている世界中のサイトへのリンクが有るだけです。もし欲しい音楽や絵に像が有れば、そのリンクをクリックして目的のサイトへ移動し、そこから自分のPCへ保存する訳です。リンクする事自体は違法では有りませんが、どちらも結局は自分のPCに保存する事が出来る訳です。この様に、ある1点から提供する仕組みと、各国に点在するサイトから提供するという仕組み、そうゆう違いです。そして、それは違法だと判ってダウンロードする人も多いが、違法だと判って供給する人も実は多いと言う現実です。

ユーティリティ

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

ページ

  • ページが登録されていません。

新着エントリー

過去ログ