エントリー

2016年08月の記事は以下のとおりです。

沥江・・・・河岸の草花です。

ファイル 1200-1.jpgファイル 1200-2.jpgファイル 1200-3.jpgファイル 1200-4.jpgファイル 1200-5.jpg
先ずは沥江の周辺がどんな所か説明したので今度は、河岸の草花を紹介しますね!公園じゃないので有りのままです、初めての土地だし目的は散歩して、そして時々はカメラを向ける、そんな具合です。フツーの写真って感じです。

沥江の河岸を歩いた。

このところ涼しくなりましたね、室温で31~32℃だと扇風機が回っていても暑く感じますが、最近は30℃を割ってきて扇風機の風が涼しく感じます、今後はメチャ蒸し暑いという事はないのか??夏は終わったのか??どうなんでしょ。

ファイル 1199-1.jpgさて昨日も歩きました!沥江(リジャン)という小川を歩いて来ました、私のブログでは頻繁に紹介している蓮花山公園は目と鼻の先です。
ファイル 1199-2.jpgやはり、この辺りは低地帯で堤防で仕切られており、その上に歩道が整備されています。堤防といっても簡易的なもので土手には家庭菜園がチラホラ、人通りが少ない為か自由に取って下さい状態ですね、勿論盗んだりしませんが。
ファイル 1199-3.jpgドラゴンボートです!遠くから太鼓の音が聞こえてきて何やら見るとドラゴンボート、慌ててカメラを向けました。これが日本だと村の青年会の選抜チームっていう所でしょうね。河口近くなので流れは緩やかです。
ファイル 1199-4.jpg港ではありませんが漁船が適当に係留されています。ちょうど干潮なもので船は底が見えています。つまり出航不能、座礁したのと一緒ですね、犬が見張り役とし乗船していました。

ここも初めての土地、歩道脇には民家が点々、掘っ立て小屋みたいなお宅も有って、しかし生活感が溢れていますね、毎日のんびり過ごすには良い場所と感じました、また歩いてみたいです。

季節がもう過ぎていった・・・

ファイル 1198-1.jpg夏をイメージさせる花といえばヒマワリですよね、久々に歩いて来た海珠湿地公園では、ヒマワリの花壇がキレイサッパリ、更地になっていました。で、地表を見ると何やら小さい芽が、でも地表から数センチだけ出た芽なので、それを見ても何の芽なのか判りません。恐らく10月の国慶節を目当てに種を撒いたのだと思っています。でも10月前に私は別の場所へ引っ越してしまうので、満開の花を見る事は出来ないかも・・・・残念。

未成年とは知りながら・・・・・・

ファイル 1197-1.jpg何時も通っている日本料理店、彼女、最近のニューフェースです。誰だって人見知りするものです、今の私ですら人見知りはありますが、彼女を頻繁に見かけるので、徐々に話したりして、、、このごろの彼女は氷をグラスへ入れてくれます。周りから指導?されたらしく私を「お兄さん」と呼んでくれたりして、、、実は彼女のお母さんがココで働いていて、家でお父さんと一緒に帰りを待つよりココで遊んでいたいとの事、他のお客さんも一緒に遊んでくれていますから、そりゃ彼女だって楽しいと思います。

私が目指しているイメージ

ファイル 1196-1.jpgファイル 1196-2.jpgファイル 1196-3.jpgファイル 1196-4.jpgファイル 1196-5.jpg
蓮花山公園、ここには約2ヶ月間行っていませんでした、あの時は蓮や睡蓮は花盛りで、公園ではイベントも催されていました。昨日訪れた時は、夏休み期間中にしては家族ずれが少なく、ハハァ~~ン、子供さんは宿題の追い込みが忙しくて外で遊ぶ余裕は無いのかな?私が学生の頃なんて毎日の日記とか過去に遡って天気なんて覚えていないから適当に書いていましたね(他人の日記と比較したらバレバレですね)、今どき過去の天気はインターネットで調べる事が出来てしまうので楽といえば楽、それでもギリギリまで放っておくのは一緒でしょうけど。さて今日の撮影ですが、、、やはり思うのですが蓮(ハス)、特に睡蓮(スイレン)の花は他のどの花よりも美しい!!特に光の加減と微妙な角度の具合によっては言葉では表せない美しさになります。特に昨日のは私が目指しているイメージに可也近いものになりました。更なる努力ですね!

のどかな観竜島、ここに住みたい!

こちらの台風って速度はノロノロ、通過したあともグズグズ天気。先々週?この土地には珍しく台風が直撃しましたが、やはりその影響で、もう夏が終わった?かの様な天気が続いています。

ファイル 1195-1.jpgさて先週は初めての土地、観竜島(ガンロンタオ)を歩いてきました、ローカルバスの終点で降りてから散歩開始です、
ファイル 1195-2.jpgファイル 1195-3.jpgファイル 1195-4.jpgファイル 1195-5.jpg
中洲の島なので低地ばかり、島の周囲を堤防が覆っているから安心なのでしょうね、もし堤防と排水設備がなければココは水位が上がったとたん水没ですね。でも!車の通行もなく静か、渡し舟が有って風流だし、水辺にはカニが一杯いるし、お年寄りと犬と猫とニワトリ、みんな仲良く過ごしています、よそ者の私ですが、もし許してもらえるならココに住んでみたいです!

深セン、第二国境跡を歩いた!

2010年以前は、深セン市の羅湖区,福田区,南山区,塩田区の4区を経済特区として、宝安区などの周辺区との境界には鉄条網と監視の為の道路が整備され自由な往来が制限されていました。あれから6年、今となっては無用ですから放置されて廃墟と化しています。

ファイル 1194-1.jpg歩いた箇所を紹介します。ここを歩くのは4年ぶりですね、補足しますが第二国境は羅湖区,福田区,南山区,塩田区の4区全てを鉄条網で別けています、私が歩いた箇所はほんの一部だけです。悪しからず。
ファイル 1194-2.jpg右側が鉄条網の筈ですが草木が生い茂り一見して判らなくなっています。また鉄条網があると不便なので近くの住民が勝手に壊して通行出来るようになっていたりで、既に廃墟と化しています。
ファイル 1194-3.jpgファイル 1194-4.jpgこの写真ですが、ちょっと変です。直訳すると「国防光ファイバー線、破壊は必ず究明する」と警告していますが、国防の電線なら地下に埋設しないの?それも壊れかけた鉄条網に引っ掛けるだけで良いのでしょうかね?お粗末な配線です。

残さず美味しく頂いてください。

ファイル 1193-1.jpg先日、高速バスで深センへ向かう途中にダックの輸送トラックを見かけました、写真の通りで籠を何段も重ねるので一度に数百羽の輸送が可能です。このように郊外の産地から生きたまま運ばれてきて、市場でも生きたまま販売されて、お客も生きたまま持ち帰って家庭で絞めるわけです。これをダック君の立場から見たら、郊外では広大の敷地で食・住には困らず自由きままに育ってきた訳ですが、ある日小さなな籠に押し込められトラックに詰まれて初めての外出です。これが彼らにとって最初で最後の旅になるわけです。私たちはそういった数々の生き物の命によって生活が出来ているわけなんですね。こちらでは訪問先でご馳走として出された料理は完食せず少し残すのが伝統的なマナーとされています、最近は食べられるのに捨てられてしまう食品というのが問題視されていますが、中国でも同様のキャンペーンの甲斐あって徐々に浸透しているようです。食べ物は残さず美味しく頂くのが一番ですね。

40年ぶりかぁ??ひさびさだった!

ファイル 1192-1.jpgファイル 1192-2.jpgファイル 1192-3.jpg
自分のアパートでは自炊しないと決めたのは何年前?、、、アパートで自炊しなくなるとゴキ君は殆ど見なくなります、これはメリット!では外食は何処?かというと蘭州ラーメン、サイゼリア、日本料理、この3箇所をローテーション、更に注文するメニューも幾つか決めてこれもローテーション、こうやって1週間を回しています。さてQQでは個人情報として誕生日を登録するとQQの友達は私の誕生日を事前に知る事が出来ます。先日日本料理へいったら店員の一人が(私の誕生日を知っていて)ケーキを準備してくれていてサプライズでしたね。ケーキってクリームが甘くゴテゴテの印象でしたが、昨日食べたケーキは程よい甘さで生地はムース、何処のケーキ?と尋ねると"绿叶居"という店。英文でLOHAS CAKEと書く店のようです、後日その店へ行ってみましたが店内は良い雰囲気ですね。これからのローテーションの一つに加えてみたいです。

ガンダム心理

ファイル 1191-1.jpg大型トラックに乗れば公道上では小型車をより優位になれる、高級車を運転すれば周りから成功者のステータスとして羨ましがられる、人間の素養は何も変わらないのに持ち物で何かを主張しようとする、そういった心理ですね。そして今晩の食事からの帰り道、横断歩道が緑に変わって歩き始めると、白のビーエムがクラクションを鳴らして横断歩道上で急停車、ある人が横断歩道の緑信号を指差して無言の抗議、未だ渡り終わっていないのにエンジンを吹かして煽ってくる。これは人の心理なので人種に関係ありませんが、(中国では素養の無い人を「文化の無い人」と言うようですが)、その文化の無い人が多いのがココの文化、という事ですね。

ユーティリティ

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

ページ

  • ページが登録されていません。

新着エントリー

過去ログ