エントリー

イリオモテヤマネコかも?

藪地島ジャネー洞付近で見つけた人懐っこい野良猫です。おそらくシャムネコの雑種だと思います。うるま市藪地島ジャネー洞付近で見つけた人懐っこい野良猫ですが、もしかしてイリオモテヤマネコかもと思いましたが、西表島だけにしか生息しないと断言しているので、違うのでしょう。おそらくシャムネコの雑種だと思います。

沖縄ひとり旅 - その2

沖縄北中城村、沖縄県総合運動公園近の干潟で撮影。広大な遠浅の干潟です。本部半島の今帰仁村にて撮影しました。沖縄古来の家造りです。今帰仁城跡にて撮影。古代に思いをふせます。首里城跡にて撮影。城郭に青空が際立っています。
左から、沖縄北中城村、沖縄県総合運動公園近くの干潟で撮影。広大な遠浅の干潟です。→ 本部半島の今帰仁村にて撮影しました。沖縄古来の家造りです。→ 今帰仁城跡にて撮影。古代に思いをふせます。→ 首里城跡にて撮影。城郭に青空が際立っています。

沖縄ひとり旅 - その1

具志川城跡付近の海岸線で撮影しました。アサガオの様な花です。平和創造の森公園付近の海岸線です。遠浅です。藪地島ジャネー洞?付近です。周りはジャングルです。ジャネー洞、ジャングルから現れた猫、人懐っこく恐らく捨猫でしょう。
左から、糸満市、具志川城跡付近の海岸線で撮影しました。アサガオの様な花です。→ 糸満市、平和創造の森公園付近の海岸線です。遠浅です。→ うるま市藪地島ジャネー洞?付近です。周りはジャングルです。→ ジャネー洞、ジャングルから現れた猫、人懐っこく恐らく捨猫でしょう。

DM500S受信パネルの解説

DM500S受信パネルの解説詳しくは写真を見て下さい。この写真ですが詳しく見ると何か得る物が有ると思いますよ。

4,444カウント達成

ファイル 224-1.jpg2008年3月から始めたこのブログですが1年半で4,444カウントに達しました。少ないと言えば少ないし、中年オジサンのブログですからこの程度でしょう。ま、続けるしかありません。

カードシュア関連ファイルの在処

DM500Sの場合は以下の様になているみたいです。.imgを更新してしまうと以下のファイルはフラッシュしますので事前にバックアップする必要が有りますね。簡単な説明ですが判る人には判ると思います。
var/etc/CCcam.cfg <-- これが重要!
var/keys/SoftCam.Key <-- これも重要!

DM500S Linux .imgファイルなど

DM500Sの基本OSはLinuxとの事ですねコレに衛星受信関連のソフトがアプリケーションとして有るみたいです。そしてYahoo!中国やGoogle中国を使って"DM500S"、"版下"、"系統"、"下栽" とかの幾つからのキーワードを組み合わせて検索すると.imgのダウンロードサイトが多数ヒットしてきます。それらの中から一番使い易いシステムを探し出すのは大変な事ですね。で、そもそも幾つのシステムがあるのか?調べてみたら、①Alpha、②PLI、③Gemini その他が有るようです。また多くの方が改善を加えられている様です。詳しくは中国語ですが、このサイトこのサイトに説明されています。私も購入時のシステムがイマイチだったのでインターネットから探したこのサイトの"Gemini_4.6_bbsdvb.img"というイメージを使っています。コレ動作が安定していて使い易いのでお気に入りです。.imgの更新には DreamUPというWindowsで動作するソフトと、DMと接続する為のRS232Cクロスケーブルが必要になりますね。特に注意すべきは、CCcam.cfg SoftCam.Key 等のカードシュアに必要なファイルはDCCを使って事前にバックアップし.imgを書換えた後に元の場所に書き戻す事が必要です。この一連のファイルをバックアップせずに DreamUPでシステムを書き換えてしまうと大変な事になりますね。

パラボラアンテナ_LNBF_DiSEqC

パラボラアンテナ全景ですDiSEqCスイッチです。LNB1とLNB2を使っています写真は私のアンテナ構成です。60cmのパラボラと2個のLNBFで134と138に向けて固定してます。この2個の衛星の角度は僅か4度しか無くLNBF同士がぶつかって位置決めには苦労しました。先日に書いた様に2個買ったLNBFの内の1個は不良品だったので後で宝安の電子場へ行って他社のLNBFを買ってきました。写真の灰色のLNBFが先に2個購入した物で白色のLNBFが後で買った物です。どれもユニバーサルタイプです。DiSEqCスイッチは4個のLNBFを切替える事が出来ますが今は2個のLNBFを接続しています。このDiSEqCスイッチも受信機との相性が有って旨く動作しない場合が有るらしいですがDM500SとこのDiSEqCスイッチの組み合わせは全く問題は無い様です。

衛星パラメータ 参数 を知るなら

衛星放送の周波数やパラメータは受信機に初めて設定する時に必要です。また衛星放送はある日突然終了したり又パラメータが変わってしまうのでタイムリーに更新されるべきですがWEBサイトの多くは個人運用の様なので更新が遅れている様です。

http://www.lyngsat.com/ ← 1番のお勧め!
http://www.cnsat.net/
http://www.ctvro.com/starcs.asp
http://www.tvcanshu.com/

SoftCam.key と CCcam.cfg

もうとっくに生産中止になっているのに、未だにDM500のクローンが出回っている理由が私にも判ってきました。その最たるものと言えばやはりCCcamという一連の機能でしょう。私なりに研究したところCCcamの機能は以下の様になっていると思います。

チャンネル切替え → ①CCcam実行 → ②SoftCam.Key参照 もし解密keyが無ければ → ③CCcam.cfg参照、サーバ名、ポート番号、パスワードを取得 → ④インターネットへ、解密keyを取得 → ⑤スクランブル解除 → 聴取可能。

つまり、スクランブルが掛かっている番組を聴取する時、このCCcamというプログラムは、SoftCam.Keyか、インターネットからか自動的に動いてくれるのです。しかもサーバはインターネット上で全世界じゅうに有るらしくこのサイトもサービスを行っており英語ですがカードシュアの仕組みも説明しています。またこのサイトでは日本語で丁寧に説明されています。ちなみに中国国内にもサービスを行っているサイトが複数存在している様です。

ユーティリティ

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

ページ

  • ページが登録されていません。

新着エントリー

過去ログ