エントリー

2008年07月の記事は以下のとおりです。

オリンピックで臨戦態勢!?

北京オリンピックも来週に迫ってきましたね!もうテレビ報道はオリンピックに関する報道だらけです。コマーシャルだってスポンサーになっている企業は当然の事、そうで無い企業も便乗しています。また巷では記念切手、記念硬貨、記念指輪、キャラクターだの様々な商品の正品や偽品が氾濫しています。それに開会式は"必ず晴天にする"と宣言しているし、周辺の企業は環境改善目的で強制的に一定期間の操業停止が課せられているし、自家用車も利用制限されているし、主要駅や空港ではテロ対策が強化されたし、このオリンピックを成功させる為には、もう空軍、海軍、陸軍のあらゆる人や、ミサイル、レーダ、潜水艦とかハイテク機器も総動員して対応していると思います。まるで臨戦態勢じゃないですか?? 目標はオリンピックを無事に終わらす事でしょうが、そんなに気合入れてしまってオリンピックが終わった後はどうなるの?気合が抜けてしまって仕事に成らないんじゃないんですか?更に経済まで落ち込んでしまうんじゃないかと心配しています。

水シャワーで体温を調節

今日も暑かった!ちなみに右上のお天気情報では現在の深?地区の気温が35℃ですか?私のアパートでも窓際のカーテンが掛かった場所で35℃、部屋の中ですら33℃ですから確かに間違いありません。もう尋常では有りませんね。それに蛇口から出てくる水道水ですら生温く増してや飲料には程遠い状況の為に必ず沸騰して飲用しています。この暑い中でガスで加熱したシャワーは返って体温を上げてしまいます。もう水シャワーで十分です。

降雹を誰も信じてくれない!?

昨日、深センに雹(ひょう)が降ったという珍事件について、同僚の彼に言っても私の話を信じてくれません。何かの間違いじゃないの?と疑われてしまっています。アノ地元で有名な"第一現場"で報道していた事を訴えてものダメでした。また香港事務所でも同様の対応でした。ちなみに"深セン"と"雹"を使ってYahoo!JAPANから検索を掛けたところ、私と同様に昨日の豪雨について書いたこの方のブロクを見つけましたが、ココでも"雹が降った"とは書いていません。この情報の真偽を深?广電集団のホームページから探してみたところココに有りました。降雹が有ったのは福田の一部の地区の様です。これで私の間違いじゃ無かった訳です。

深センで雹(ひょう)が降った!

大量の雹が降って道路が白くなっています今日の深センは午後から雷雨でしたが第一現場の報道ではナント!深センに雹(ひょう)が降ったそうです。このところ暑い毎日が続いていたので一雨欲しかった所ですが、地表が相当ヒートアップしていたのでしょうか積乱雲がイッキに舞い上がったのでしょう。写真は大量の雹が降ったので道路が白くなってしまった様子です。

Winamp が日本語対応

Winampが日本語対応しましたこの度、インターネットラジオのフリーソフトとして有名なWinampのバージョンが上がってVer.5.54になりました。私も今日知って早速ダウンロードしてみました。確かにインストール時に「日本語」の選択が有ります。またインストール中のダイアログも完全に日本語化されています。早速ソフトを起動したのですが、今まで使っていたスキンが表示されなくなりました。ふと思い付いた事が有って使用言語を「英語」に変更してみた所、従来のスキンが表示される様になりました。やはりです。日本語対応したのは良いけど従来のスキンでは日本語応していない模様です。スキンが完成した後の最新バージョンですから仕方無い事ですけど。もう使い慣れたソフトだし今更「日本語」の意味が無いので「英語」で使おうと思います。

DEGEN 「愛好者1号」

これが DEGEN「愛好者1号」です。このラジオは記憶では2003年に蘇州(そしゅう)のデパートで購入しました。電池で動きシンセサイザー方式で短波の3MHz~26MHzの範囲を10keyから最小5KHzの単位で自由に受信出来るものです。DEGENという会社で「愛好者1号」と親しみ易い名前です。以前は中国の電子機器のレベルは低いと思っていましたが、この大きさでシンセサイザー式だったので興味が沸いて購入しました。お値段も350人民元(約5000円)と、この手のラジオにしては割安だったので。性能は「この程度」と言ってしまえば話は終わりですがマアマアだと思っています。強いて言えば、周波数を5KHzずつ変化させるとPLLの応答性がイマイチ鈍く、AGCの掛かり方が浅くフェージングが深い信号について行けない感が有ります。でもこの値段ですからね。当時から海外に居る時は文字通り"愛用"していまして私の情報源になっています。こちら深センに住む様になって近くの電気街とか足を運んでもシンセサイザー式ラジオは店頭に置いてません。コッチ(都市部)では既にテレビ放送が浸透していてラジオ放送はせいぜいタクシーに乗った時に聞く程度だと思っています。

宝安にNTT DoCoMo開店!?

宝安にNTT DoCoMo開店!?重大事件!特ダネ!スクープ!です。なんと中国広東省深?市宝安区にNTT DoCoMoショップが開店しました。先週末に工事が終わり今週から堂々?と営業を開始していますよ。写真はシャッターが下りていますが早朝の開店前ですので悪しからず。このお店は当然ですが携帯電話を販売しています。試しに店内に入って商品を眺めてみましたが、NTT商品は無くノキア、モトローラ、ソニーエリクソン等の普通の携帯電話ばかりです。何処がNTTと関係が有るのでしょう。恐らくですがココのボスが趣味で(日本のNTTショップを真似て)開店したと思います。コッチの人々はNTTドコモは全く知りませんから店構えや看板が日本のパクリだとは誰も気付いていない筈です。日本人なら絶対オカシイと気付きますけど。

深?を知るなら"第一現場"

今朝は早く目が覚めたので地元のテレビ局:SZTVを眺めていました。特に「第一現場」というのが良いです。素材が全て深?で起こった事なので知っている地名や建物が出てきたりして"深?の今"を知るには打って付です。なんせ中国ですから"ビックリする事"、"呆れる事"、"深刻な話"、"笑える話"等、盛りだくさんです。

ファイル 66-1.jpg その1、電話会社から来たADSLを取付ける係員が、そのアパートの住人:お嬢さんに性的なイヤガラセをした事件、コッチでは見知らぬ人を家の中に入れる事は非常に危険なのです。写真はソノ係員。

ファイル 66-2.jpg その2、旅行に来たのに宿泊予定のホテルが確保されていなくて道端で途方にくれる旅客。旅行会社の手配上の手違いだった模様。コッチでは旅行業者の管理がズサンでバスが来なかったりホテルが予約されていない事が往々にして有るようです。

RUSTY BLUE が仮想開店

今や幻となった「RUSTY BLUE」が仮想開店したようです。自由に書き込めるBBSも有って、夜な夜な活動を始めるネチズンには良い場所となるでしょう。

日本もコッチも猛暑ですね

1週間程前からですがコッチと日本(横浜と福岡)の気温がほぼ同じ日が続いています。という事は日本も相当暑いという事ですね。コッチも数週間前は夜間に豪雨が有って日中は晴れるとう天候でしたが先週辺りからはソノ雨も無くなり毎日が非常が暑くなっています。特に昨日からは自分のアパート内では一日を通して30℃を割る事が無くなりました。今の気温は窓付近で33℃居間は31℃と何処でも暑い状況です。ところで今私は頑張っている事が有ります。それはアパートで今でも冷房を使わない事です。窓は全開にして扇風機をベランダ近くに置いて外気をアパート内に取り込む、それは寝る時も一緒です。そうやって何とかこの夏を過そうと頑張っている所です。この先もっと暑くなると思うので直に限界が来ると思っていますケド。

ユーティリティ

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

ページ

  • ページが登録されていません。

新着エントリー

過去ログ