エントリー

2009年03月の記事は以下のとおりです。

世界を知らないから仕方ない

またまた色々なニュースについて私の意見です。先ず①「抗日戦争映画はもっと日本人を残虐に描け=日本好きの若者登場に危機感―中国ブログ」について。この人は一体何を考えているのでしょうかね?コッチの抗日番組はプロパガンダなのは当然判っていますが「アンタねエ、ソコまで言うか!」と言いたい。政治家達は「歴史認識の相違」とか言うけど番組を盛り上げて視聴率を稼ぐ為に脚本された抗日放送を毎日見ているから歴史上で何が本当に有った事なのか判らなくなってしまったんじゃないの?と言いたい。次に②「【中国のブログ】日本に対峙する最適な方法は「日本より強くなる」」です。日本に学ぼうとする姿勢は良いけれど、この言葉「日本と中国の間にはあまりにも多くの怨恨が存在するが、日本の経済発展の道は我々にとって学習に値するものである。敵に対峙する際に最適な方法は、敵よりも強くなることなのだ。」は異様です。ここで「敵」という言葉が頻繁で出て来ますがコノ人今でも日本を敵視しているのかなぁ。かつて第二次大戦中も日本はアメリカを敵視していましたが敗戦後の日本でアメリカを敵視していたでしょうかねぇ?たぶん技術でアメリカに追い付き追い抜こうとする「熱意」や「向上心」だったと私は思いますよ。そりゃ「敵視」する事から始まる事をダメとは言いませんがソレの結果として国際間の関係改善になる事を願っています。最後に③「【中国のブログ】中国人が見た日本人「悪い人間ではない」」です。この人の発言が一番身近だしこの先の国際関係を見た時に安心材料の一つになります。ところで中国の人は簡単には海外へ行く事が出来ません。お隣りの香港に行くのも同様です。そんな限られた条件でインターネットという限られた窓から世界を見ているのでコノ様な「目から鱗」の経験をする人が現れるのでしょう。もっともっと交流が必要だと思います。この言葉「我々は中国の現状を誰よりも良く知っているくせに、それを他人に指摘されると怒り狂ってしまい、だから何時まで経っても過去の同じ話題に固執するのである。中国から出て、国外から中国を見ることによってこそ本当の愛国とは何かを知ることが出来るだろう。」は私の思いと完璧に一致しています。同じ事を考えている人が中国の人にも居るんですね。安心しました。

日の出前は決まって雷雨です

季節の変わり目に気付きました。それは東の空がシラジラと明るく成りかけた時に雷雲が発生しソノ雲の方向へ向かって強風が発生し併せてバケツをひっくり返した様な大雨が降る気候です。雷雲は徐々に移動するので1時間程たつと遠ざかり雨も徐々に弱くなり風も収まるのです。この気候は例年の事で大体今の頃から始まると思います。私の場合今朝は大雨になる手前で目が覚め洗濯の干し物を片付けてまた開けっ放しの窓をシッカリ閉めたので被害は少なかったですが、隣近所の窓を見たら干し物が風に舞って完全に濡れてしまっているのに片付ける気配が有りません。何処のアパートのベランダも同じです。朝早いとはいえ轟く雷鳴に横殴りの雨なので気付かない筈がありません。不思議な光景です。放っておけば乾くと思っているのでしょうかね?

チベットに関する報道を見て

先ず最初は「チベット族の牧畜民が語る新旧社会の大きな違い」について。そもそもコレは中国政府による中国情報ポータルサイトの記事なので「嘘では無いと思うが一方向から見たらコウ見えた」という程度だと私は解釈しています。また私のアパートではチベットの衛星テレビ放送をが見る事が出来ますがコレも中央の息が掛かった放送局なので同様の放送ばかりです。やはり一方向からの報道だけでは正しい判断は出来ないと思います。次は「レアアース、中国が世界市場の独占に成功、「21世紀の経済外交の武器」―英紙」について。へエ~中国って着々と開発を進めているんだ~と感心しました。ところでレアアース(希土類)って何か?知りたくなってウィキペディア希土類を調べたところ、希土類が特に多く産出されるのはチベットじゃありませんか、ホウホウそうゆう事だったのネ。合点がいきました。やはり一方向からの報道だけでは正しい判断は出来ないですね。

仕事どころではありません

毎年の事ですが日本語能力検定試験のWeb受け付けが始まりました。既に昨日は1級で今日が2級の受付が終わりました。スタッフ達が全員で手分けして、昨日と今日も午後2時の受付開始に備えて数分前から待機して受付開始とともにURLをクリックしましたが1級では1名が申し込み出来ず。2級は1名が申し込み出来ず、本人達は非常にガッカリしていました。中国全土でこの受付が一斉に始まり一点にアクセスが集中するので非常につながり難い様です。そのWebサイトはjavascriptとActiveXが使用されているらしく処理速度の遅い電脳ではダンマリ状態が続き駄目ですね。それに各国の大学などの校舎を会場に使用する為に座席:受験可能枠が決まっているので、まずこのWebサイト受付で多くの受験生が篩いに掛けられる訳です。毎年の事とは判っていますがこの時間帯は仕事が完全に停止してしまって困りものですが、大目にみる事にします。

明日は祝日の「春分の日」

日本のカレンダーでは明日は祝日ですね。私の電脳のデスクトップカレンダーも明日は「赤字」になっています。私はコッチのカレンダーで仕事していると日本の休日が多い事に気づき、また非常に羨ましく思えます。確かに有給休暇が有るには有りますが行使する程の用件もないので毎年使わずに消滅してしまいます。

深セン宝安の開発が進んでます

深セン宝安の開発については様々な話が有るようです。その最たるものは香港と深センが一体化するとかいう噂です。説明しますが香港と中国本土とを行き来するには国境が有って必ず海関:イミグレを通過する必要が有ります。それに中国大陸(内地)の人は特別な通行証を取得しないと香港へ入る事が出来ません又個人が取得する通行証では1年間の期限付きでたった3回?しか訪問が認められていません。何故この様に厳しく制限しているかと言うと香港と内地とは格差が有って川一つ越えた深センと比較しても平均的な給与で4倍以上の差が有る為と私は思っています。それに深センには様々な地域から出稼ぎの人が流入しておりコノ宝安ですら様々な地域の顔を見る事が出来ます。そんな状況の中でどの様な方法で深センと香港が一体化されるのか?難しい問題だと思います。また香港国際空港宝安国際空港とが一体化される計画が有ります。コレは既に計画は動いている様です。二つの空港の距離は数10Km離れていて間には蛇口(ジャコー)半島や深セン湾が有って両空港を行き来する地下鉄の様なモノに成ると思います。完成後は香港側が南ウィングで宝安側が北ウィングとでも呼ぶのでしょうかね?海外への移動が更に便利になると思います。また深センで地下鉄5号線2号線もモウ直に完成です。私のアパートから数分のところにも駅が出来ていますので深セン市街への移動も便利になると思います。また身近ではアパート近くの再開発が始まって古い建築物が突如として壊されて広大な更地が現れました。噂ではJUSCOが建つらしいです。また家楽福:カルフールの一階部分に味千ラーメン、肯德基:ケンタッキー、永和大王:ヨンフーダーワン(台湾系ファーストフード)も建築中です。宝安も益々便利になってきました。

日本人の発言だから問題です

昨日のニュース「日本人司会者に軍歌歌手が激怒!冗談のつもりが…―中国」と、今朝のニュース「<続報>軍歌歌手を激怒させた日本人司会者、番組中の「失言」を謝罪―中国」について。この問題ですが冗談だったのか知れませんが日本人の発言だった事が一番の原因ですよ。特に激怒した彼は日本人に対して特別な感情を持っているのでしょう。終戦して既に60年以上経った現在例えば日本で広島や長崎への原爆投下という決して許されないアメリカ軍の行為なのに当時を知る被災者の方々の話は直接アメリカ軍を非難したりせずに「戦争の悲惨さ」「不戦の誓い」を伝える努力を払っていますよね。日本には「罪を憎んで人を憎まず」という言葉が有りますが正にその通りです。この日本人の精神を中国の人々に是非解って欲しいですね。それに比べて「抗日番組」ときたら戦争の悲惨さ以上に日本軍の残虐さが前面に出されており何故この様な放送を流す必要が有るのか?私は理解に苦しみます。コッチにも戦争被災者の方も多数生存されておられると思いますが、それら方々の願いと日本の戦争被災者の方々の願いは同じものだと思うのですが。

週末になると決まって雨模様

2月後半になって順調に天気の日が続いて日中は26℃程度にまで上がる様になったかと思ったら3月になって急に温度が低下し旧正月前の気温に戻ってしまいました。それに先週の週末は風雨が吹き荒れて折角の休日が台無しでしたが今週末も又同じ状況になりそうです。どうやら週末は荒れる天気が周期的になってしまいました。昨年の暮れから雨らしい雨を見ていませんから一雨欲しいところでした。これも季節の変化なのかも知れません。ちなみに私は日本では毎年春先から初夏に掛けてアレルギー性鼻炎の症状に悩まされていましたがコッチに来てからソノ様な症状は無くなりました。年間を通して快適です。

私も罰金制度廃止は歓迎です

中国の「労働契約法」が改正された事は中国の人を雇っている全ての企業は当然把握していなければ成りませんが「罰金制度」が禁止されたという事は「中国企業内罰金制度禁止による意識改革への期待」を読んで初めて知りました。もしコレが本当なら私も歓迎します。何故かと言うと「罰金制度」の元の工員管理では更なる品質向上は望めないと思うからです。ここで私が経験した幾つかの事例を紹介します。①段ボール箱を空けたところ箱内にお菓子の袋が入っている。②段ボールの外面に書かれている数量通りの製品が箱内に入っていない。③同じ段ボール箱内に色違いや全く違う製品が混じっている。④製品が汚いし汚れている。マア数え上げれがキリが有りませんがコレ全て日本のお客様からのクレームです。こんな不良品が日本へ行ってしまうのです。何故こんな事が発生するか調査が始めるのですが台湾幹部の出す報告書は決まって「作業者のミス」「再教育」です。どんな教育を実施したかシツコク問質すと「ミスを犯した作業者」は「罰金」や「クビ」にしたと言うのです。更に「モウこれで問題は発生しない」とソノ台湾幹部は「マ顔」で私に説明するのですから呆れてしいます。その極め付けの例として、⑤作業ミスが原因で会社はある工員をクビにしたがソレを逆恨みして人を雇って台湾幹部を襲撃させ怪我を負わせた。⑥ある工員は罰金された事の腹いせで出荷製品へ故意に別の製品を混ぜた。⑦製造ラインの工員の間では自分が不良を発見するとソノ前工程の工員が罰金されるので「見なかった」事にする。⑧日本人が行う工場内の品質巡視でも問題が発見されると工員が処罰されるので工員達の間では日本人の指導は迷惑と考えている。という惨憺たる内容です。これら全て「罰金制度」が諸悪の根源だと私は台湾幹部に対して再三改善を求めても変わりませんでしたね。で、とうとう日本の重要顧客とのビジネスが終わってしまいました。これ全部本当の話ですよ。

今日の色々ニュースを纏めて

先ず最初は、①【今日のブログ】女子大生の「日本人と結婚する!」発言と反論(3)です。コノ人の発言が今の現状を把握した良い意見だと私は思います。この人の発言のお陰で終息に向かうと期待しています。強いて言えば誰が中国人とか誰が中国人で無いとかソンナ事はどうでも良い事じゃないの?地球という星に住んでいる人類じゃありませんか?心理学には人類が進化の過程で身に付けた家族や身内をひいきする心理つまり「内集団ひいき性」という心理が有って家族や身内、更には集団、国家に対しても「ひいき」する心理が働くのです。現代はグローバルな時代ですよ。もっと頭を柔らかくして考えてみてはどうですか? 次は、②英国での靴投げ事件、当時の心境を語る―中国首です。このニュースの温家宝さんのコメントには政治色が感じられずまるで友達の様な発言だと思います。やはり本当の政治家というのは人に判り易い言葉を使うのが旨いのでしょう。私の中で温家宝さんのイメージが変わってしまいました。それに比べて①【今日のブログ】のニュースは個人ブログのくせにまるで政治家の様な発言をする人達には是非見習って欲しいと思います。最後に、③麻生首相迎えた米国の「冷淡」、日米関係の変化が背景に―香港紙です。私は麻生さんは嫌いです。なにより彼のシャベリが嫌いです。それは「時代劇の悪代官」の様に見えます。総理に就任してから以降も案の定「失言」ばかり以前からも同様でしたが総理になって変わるか?と期待したのが甘かった。日本のニュースは毎日聞いていますが彼も何時降板するか?時間の問題ですね。彼の失態のニュースは一瞬で世界へ伝わりますからネ。やはり海外の政治家もそれないの対応という事ですよ。それに日本の政治家のレベルの低さには失望しています。与党だって野党だって「同じ穴の狢」ですよ。私の将来の年金はチャンと出して下さいよ。日本の政治家さん達。

  • 1

ユーティリティ

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

ページ

  • ページが登録されていません。

新着エントリー

過去ログ