エントリー

2009年11月の記事は以下のとおりです。

6666カウント達成!

6666カウント達成!6666カウント達成です。この所このブログへの書込みが減ってますが、まぁなんとか続けています。

無線LAN+パラボラアンテナ

無線LANアダプタ:WLI-U2-G54HPと40センチオフセットアンテナですバファロー社、無線LANアダプタ:WLI-U2-G54HPを、市販の衛星放送用(Kuバンド)パラボラアンテナに取付けつる実験を行いました。この無線LANアダプタは"ハイパワータイプ"との事、使ってみて確かに通信距離が伸びる、或いは通信品質が向上ました。しかもUSBケーブルが2メートルの長さがあり、私は幾つかケーブルで評価したところ更に1メートル延長して使えてます。これを使って更なる遠距離が出来ないか?とヒラメキ、実験して見ました。こちらでは電子場へ行くと衛星受信機器を販売している店が多くあり大体40センチ~60センチが安価で手に入ります。今回の実験では40センチオフセットアンテナです。LNBホルダ、アンテナ固定も含めて30元(約400円)です。構造は簡単です写真を見て下さい。アンテナ部は上下逆さまに取付け、上空に向いた角度を地上に向く様に取付けを工夫しました。これを使うとLED表示で"2"程度の信号が"4~5"になります。この信号差が幾らのゲインか?知りませんが角度を調整すると信号が急に上がる個所が見つかります。もっと大きなアンテナを使っても良かったのですが邪魔になるので止めました。

CバンドLNBFを買ったが...

CバンドLNBFは大きい!非常に簡単な板金で固定しますこのワイヤは防犯用なので外せません無料のNHK放送(166E、Intelsat8、4060H、26590)を受信にチャレジンジしようと考えて昨日仕事の帰りに宝安中心にある塞格電子場に行ってきました。このフットプリントによると深?地区は41dBW以上の範囲に入っており90cm程度で受信可能の様です。今私は60cmオフセットを使っているので"もしかして??"と期待も有り、とりあえずLNBFのみ購入としました。店頭に有ったのは写真の様なKuバンドと比べかなり大きいです。少しビックリ。"もっと小さいの無いの?"と言ったのですが、"これ以下のサイズは無い"と言われてしまいました。それに"オフセットアンテナの取付けはどうするの?"と言うと"コレ"と出してきた板金(写真)。ま、この程度なのでしょう。F型コネクタ2個をオマケにくれて値切り後で55元(約700円)と安いです。アパートに戻ってから早々にアンテナの調整を始めました。まずKuバンドでIntelsat8の角度調整を行いコレは旨く行きました。でもCバンドは全くダメ。試にと134、138、166の各Cバンドにも向きを合わせたのですが全部ダメ。で、気付いたのがベランダに取付けた防犯用のワイヤ(写真)でした。ここは物騒なので防犯は必須です。また大家さんが設置したので勝手に外せません。今の所は諦めます。近い将来引越しするかも知れないので、今度は南向きの東~西まで見渡せるアパートを探そうと思います。

衛星放送の画面下が切れる

衛星受信画面の下部が切れる現象がコノDM500Sの原因だとこのBBSで指摘されていますね。私も次の実験を行ってみました。> ①「NTSC」放送を受信、DMを「NTSC」→操作メニュー下が切れる、受信画像は正常。> ②「NTSC」放送を受信、DMを「PAL」→操作メニューは正常、受信画像は横長。約20秒後から画像と音声が断続する事が有る。> ③「PAL」放送を受信、DMを「NTSC」 →操作メニューも、受信画像も、下が切る。> ④「PAL」放送受信、DMを「PAL」 →操作メニューも、受信画像も、正常。> つまりテレビ側が「PAL/NTSC自動切換」でも、DM側が原因で不都合が出ているという事です。このDM500Sは「PAL」放送で正常になる様に設計されていますね。古い設計の製品ですから仕方ないでしょう。

  • 1

ユーティリティ

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

ページ

  • ページが登録されていません。

新着エントリー

過去ログ