エントリー

2011年09月の記事は以下のとおりです。

もう空にはウロコ雲が、秋だ。

ファイル 334-1.jpg訳あって場所は言えません。友達からの電話では深センは毎日30℃を越える日が続いているとの事ですがコチラでは先日からの雨の影響でスッカリ冷え込んでしまいました。特に今朝なんかはジャンパーかコートが必要です。軽装しか持参してきていないので今日夕方デパートへ行き長袖のシャツを買ってきました。これで少々の冷え込みは対応できると思います。夕方ふと見上げた空には秋空を思わせるウロコ雲がキレイでした。

初めて使った!DSPラジヲ

DSPラジヲ、DEGEN DE15です。そういえば小学校高学年~中学校の頃に私はBCLにハマッていて家では食事と寝る以外はラジヲの前に座って放送を聞きまくっていました。また拾ってきた廃テレビや廃ラジヲから使えそうな部品を取り外して廃材だけでラジヲを作ったりもしていました。当時テレビやラジヲは真空管が主流で途中からダイオードやトランジスタが使われ始め私の田舎では電子部品を手に入れる唯一の方法でした。約40年前のアノ頃がとても懐かしいです。DSPという言葉は今や一般でしょうが私は古い人間なので同調-変換-IF-検波という100%アナログ回路がデジタル回路で置き換わる事が不思議でなりません。昨日デパートで見つけたDE15ですが「DSP」の文字で買ってしまいました。お値段ですが215元:約2580円と安い!!ところでインターネットで調べてみると、ラジヲ部分はSi4734という1個のICで構成されているとの事で技術の進歩は恐ろしいですね。主にNHKワールド ラジヲ日本を聞いていますが音声がクリアです。フェージングの谷ではサスガに音声は崩れますがアナログ・ラジヲより安定していると思います。また近隣(+5KHz,-5KHz)からの混信が全く感じられません(サイドバンドが広がり過ぎた信号は無理でしょうが)。これはデジタルフィルタの特性だと思います。ただスピーカ部分を手で持つと(人体がアンテナ代わりになって)信号が浮かび上がるのでロッド・アンテナに数メートルの電線を付けて効果を見たいと思います。

そんなに日本人が珍しいの??

上島珈琲の店内です。(ここは深センでは有りません。訳有ってココは何処か言えません)今日も午後から徒歩で外出しました。先ずは徒歩で約10分の距離にある「大潤発百貨」迄行き軽く買物したあと以前から気になっている「河濱公園内」の「迪欧珈琲:ディオカフェ」で昼食しようと思い更に足を運びましたがイザ店に着くとドアは開放されて中に従業員が見えるものの客が居るのやら居ないのやら?チョット覗いてみましたが雰囲気がイマイチなのでソコでの昼食を止め更に足を運んで今度は「楽天百貨」→発音は「ルゥティェン・バイフー」→つまりは「ロッテ・デパート」迄行きました。その時友人から映画館が有れば教えてと言われていたのを思い出して辺りを物色すると有りました。ソノ名前が「紅旗電影館」とイカにも共産系の名前です。直ぐに電話して「映画館ありますよ~」、それで私は同じビルの2階に有る「上島珈琲」を見つけソコで遅い昼食をする事に、窓脇のソファーに座ってくつろいでいると30歳前後の小顔のお嬢さんが2つ向うのソファーに座りました。補足しますがソモソモ上島珈琲というレストランは中国では庶民が気軽に食事をする場所ではありません。つまり彼女もソレナリの生活レベルだという事です。或いは水商売かもしれませんが。。。心の中でその様な事を勝手な思いをめぐらせていると彼女携帯電話で誰かと話し始めましたがナント!日本語です。中国人ですが可也流暢です。私もコノ街に来て「日本人は住んで居ない」「日本料理は無い」と聞かされていたので自分と友人以外の人が日本語で話す事に少々感激した次第です。この気持ち判りますかね??ソノ人日本人じゃないですが「ココで声を掛けないと一生会えないんじゃないか?」という気持ちを抑えなが食事をする事にしました。そうだ友人をココへ呼んで一緒に食事しょうと何故か?思い付き電話して来て貰うことに。20分位して友達も到着。その間彼女のソファーには更に1人のお嬢さんが来きました。私達が会話を始めるとソノお嬢さん達も我々が日本人だと判りシキリにこちらを見ています。どうしようかと思いましたが現状維持という事に,ドコゾの日本人カラオケのお嬢さんなら間違いなく声を掛けて来ると目論んでいました(もう100%中年オジサンの発想ですね!)が期待を裏切り彼女達は帰ってしまいました、まだまだ私達の滞在は長いので再会は出来るでしょう食後も店を出て付近の路地を散策しているとナント!日本語学校が有ります。小規模ですが日本語を教えているというのは需要があるのか知らん。少しづつですがコノ街に馴染んできてるのでしょうか?

GoogleMapsでみると。。。。

GoogleMapsでみると写真の様になります(ここは深センでは有りません。訳有ってココは何処か言えません)GoogleMapsでみると写真の様になります。ちょうど中央付近に左右対称:シンメトリックな土地が見えますがコレが市政府です。また市政府の裏(北)の川辺は今はキレイに整地されていますが写真には見えません恐らく衛星の撮影日が古いと思います。何処までが市政府の敷地で公園なのか判りませんが大雑把にコノ四角く囲った土地は(川辺の方も含めて)北-南:約1キロメートル、東-西:約700メートルでしょうか?

市政府?公園?ココは広いぞ!

ココは市政府?それとも公園?(ここは深センでは有りません。訳有ってココは何処か言えません)コノ前は市政府の正面を歩いてきましたがソノ後友人から後面には川辺を利用した公園が有るとの情報を得たので昨日は近くのデパートで買物した帰り道に3時間ほどを掛けて散歩してきました。なんせ初めての土地なので携帯GPSで自分の位置を確認しながら大通りを西へ進んでゆくと右手川辺一帯は殆ど手付かずの雑木林で(多分無許可の)民家がマバラに有ります家の外観から貧しい人々の家です。かたや左手に目を移すと最近出来たばかりの高級マンション群でしょうか?でも窓にカーテンが掛かっていない部屋が目立ちます。裕福な人々の居住区と底辺の生活をしている人々の家が道1本隔てられて存在するのが印象的です。更に西へ進むと右手の雑木林が終わりキレイに整地された公園?が見えて来ました位置的には市政府の裏側になります。公園?内へ入り進むとソコは川辺を利用したメチャ!広いです。フト振り返ると遥か彼方に市政府の建屋が見えます。市政府の敷地なのか公園なのか?判りません。市政府の正面も広かったですが裏面はそれを上回る広さです。ここは多分公園なのでしょう古風な塔建築物や吊橋や花壇や噴水がアチコチにあります。川幅は100メートルでしょうか?流れはナダラカですが船の航行も可能でしょう。途中新婚さんの撮影現場を幾つも見かけました新郎新婦が抱き合ったり花束を持ったり幾つものポーズを決めていまいした。イイですね新婚は。。。写真はコノ敷地内で市政府建屋が見える一番遠い場所から撮影しています。

運河の町から高速鉄道で帰った

数年前に住んだ事が有る街へ再び...訳あって場所は言えませんが数年前に住んだ事が有る街を再び訪れる事が出来ました。写真はたまたま泊まったホテル近くの運河ですコノ場所は想像にお任せします。今回たったの2泊と短い時間だったので観光は出来ませんが車で市街地を移動した際に現在の町並みを見ただけですがスッカリ以前と変わっている事に驚いた次第です。そして今巷で話題になっている高速鉄道も利用しました。30%程度の乗車率とか噂でしたが実際どの車両も満席でした。車体は500系にソックリ最高速度も約315キロで頭打ちでした。300キロ以上走行時の揺れや騒音は思ったより少なくコノ点では日本の新幹線より優れているかも。しかし周りを全く気にせず(携帯とかで)大声で話す人はなんとかなりませんかね。。。

  • 1

ユーティリティ

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

ページ

  • ページが登録されていません。

新着エントリー

過去ログ