エントリー

2011年12月の記事は以下のとおりです。

春節が近づくと憂鬱。。。。

春節の時期は民族の大移動が起こります。なんせ人口13億ですから日本とは桁違いの人が一斉に移動を開始します。主要な汽車駅やバス駅は大変な混雑となるので外国人は近づかないのが賢明です。それにチケットの不正買占めが多く最近の売り場では実名制:身分証の提示が必要のようです。多くで便乗値上げがありますが帰省しない訳にいかないので仕方が無いようです。なので春節の1ヶ月以上前からソワソワ..「この日しかチケットが取れなかったから」という理由なら会社が決めた休暇日は意味がなくなります。また帰省中も大変です。もし親戚や子供が多い家庭なら両親や親戚の全ての(独身)子供に紅包:お年玉は必ず渡す必要があるので友達に聞いた話では毎年紅包は数千元(1ヶ月以上)を準備するそうです。コノ前「帰りたくない」とボヤイテいました。ソノ気持ちわかります。

やはり戦争賛美ですね。。。

NHKで過去放送された「プロジェクトX」という番組をご存知ですか?番組内容は「戦後のさまざまな開発プロジェクトなどが直面した難問をどのように克服し成功に至ったかを紹介するドキュメント」で私のお気に入りです。今もDVDを見返しますが良い番組だと思います。しかしテレビドラマ「坂の上の雲」は違います。確かに戦地で戦った人々の絶望感というか困難な状況は伝わっては来ますが所詮戦争は勝っても負けても只悲惨なだけでヤハリこれは「戦争賛美」としか見れません。日本は今震災復興で大変なのは判りますがNHKさんはコノ番組で何を訴えたいのでしょうか?日本人の団結ですか?それとも帝国主義ですか?これではココで放送されている抗日番組と大差ないと思います。。。

  • 1

ユーティリティ

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

ページ

  • ページが登録されていません。

新着エントリー

過去ログ