エントリー

2012年03月の記事は以下のとおりです。

深?五洲中西医結合医院

海外医療保険が利用出来る病院としては南山地区の深?五洲中西医結合医院が宝安からは最寄ですね。ココに以前は国際課があって通訳が数名常駐しており更に山田さんという日本人医師が働いて居られ言葉の心配が無く非常に都合が良かったのですが今は辞められて深?市内で開業されたとの事。それで現在の深?五洲中西医結合医院には通訳も日本人医師も居ませんが代わりに深?市瑞盈?康医療投資有限公司が海外医療保険対応や通訳スタッフを出してくれるので以前と大差は無いようです。私の様な無保険者でも診察・治療全てに通訳が添ってくれますが全てが実費だという事です。宝安にも公立で規模の大きい人民病院は有りますソコは確かに費用も安いですが通訳は居ない事それに院内は患者で何時もゴッタ返しており落ち着きません更に医療レベルに心配が有るので行きたいとは思いませんね。その点は(深?五洲中西医結合医院の様な)私立なら日本の市立病院並みのサービスだと感じています。今回は一時入院して判った事ですが外来と入院では医師や治療方法までも一変します。「これから違う治療を行うから外来で貰った薬は今後飲まない事」と言われてしまい「今までの治療は一体何だったのだろう」と疑問は残りますが確かに入院の医療レベルは上だと感じました。この点は病院を利用するとき今後も注意が必要かと思います。今回の検査でも幾つかの慢性病が見付かりましたので治療続けながら今後1年に1回の精密検査は必要だとシミジミ思った次第です。

海外での病院選びは大変

報告遅れましたが私3月になってから肝炎になって入院・通院していました幸いにも症状は軽く点滴と薬によって快方に向かっています。健康な時はどぉって事ないですがヤハリ海外で長年生活していて一番問題なのは病気や怪我した時の病院選びですね。日本の病院との違いを挙げればキリがありませんがソノ最たるものとしては「診察と治療は基本的に前金」だという事です。例えば救急車はソノ病院がチャータしますから有料です。また急患だからといって最寄の病院へ向かう様な事は絶対ありません。病院に到着したら先ず窓口へ行き診察票を購入します。もし診察を早く受けたければ特別料金を支払います。医師は診察の後処方箋を書きますから再び窓口へ行き治療費や薬品代を支払います。その領収書を手に処置室や薬局へ向かいます。もし追加で処方箋が発行されれば再び窓口へ行って治療費や薬品代を支払います。この様に何かする前に必ずお金が必要だという事です。症状が軽く意識がシッカリしていれば問題ありませんがモシ症状が重く意識不明で周りにも知人が居なかった場合は果たして自分は正しい治療を受ける事が出来るのか?その事を考えるだけでも背筋がゾッとします。いわゆる「遠くの親戚より近くの他人」と言われますが全くその通りで普段から身近に信頼出来る友人を作って(可能なら部屋の鍵のコピーを預けて)おく事は海外生活では必要ですね。今回はX線バリウム胃腸検査、超音波肝臓・腎臓・すい臓検査、X線CT肝臓検査、心電図一般、心電図頭部、血液肝機能検査・治療前後、前立腺検査、等など様々な検査を行い肝炎以外にも何件か持病が見付かりました。これで治療費トータルは約7,000元(約8万5千円)でした海外在住で無保険だったので仕方有りませんね。今後は脂っこい食事を控えて禁酒を守るしか有りませんトホホ。。。。

DELL Inspiron N4050 i5

最近のパソコンのHDDはAHCIモードが一般となっているようですね。DELL Inspiron N4050 i5も同様で後からWindowsXPをインストールすると再起動後にブルーバック(エラー)画面となりインストールが出来ません。理由は簡単ですWindowsXPインストールCDにAHCIドライバが入っていないからです。私もマンマとこの罠にハマッテしまいました。詳しくはココの説明が参考になると思います。

今日の深センは稀に見る青空ダ!

深センでは「雲一つ無い青空」というのは年間通じて数回しか有りません深センでは「雲一つ無い青空」というのは年間通じて数回しか有りません。コレ決して冗談なんかじゃありませんヨ本当の話しですから。地元の天気予報では勿論「晴れマーク」は有りますが晴れは晴れでもガスのようなモノが覆うので太陽はボンヤリとしか見えません。一説では工場の廃棄ガスらしいですが経験的に深センから遠く離れても劇的に改善する訳でも無いので近隣の省を含めた大気汚染なのかも知れません。それで今日は「雲一つ無い青空」となりました気温もグングン上がって半ズボン+Tシャツ+サンダルと超軽いスタイルで十分でモウ真夏到来ですね。この前医者から運動不足だと指摘されてしまったので今日はデジカメを持って近く公園を数時間掛けて散歩して来ました。運動すると確かに体調は良いし気分も最高です今後も続けたいです。写真は樹木の新緑が太陽光を浴びて輝いています。

ケンコー偏光フィルターを使った

ケンコー偏光フィルターを使ってみましたデジカメを使って植物や花をキレイに撮るにはソノ後方に写る青空もキレイに撮りたいという欲望が出ますよね。なんせバックの青空がキレイだと被写体の美しさも際立ちますからね。といっても最近は雨や曇天が続いて又私自分も体調を崩して入院や通院していたのでカメラを外へ持ち出す時間も気力も無い状態でした。幸いにも大事無く又体調も回復して来ました。今日は朝から20℃を超え久々の快晴だったのでアパート屋上へ上り周辺の町並みと青空を偏光フィルターを使って撮影しました。(偏光フィルターの能書き:WIDE BAND C-PL(W))私実はカメラの偏光フィルターは生まれて初めて使いますが液晶パネルの偏光フィルムの使い方は知っていました。さて写真ですが(色数を落としたから少々判り難くなっていますが)左がフィルタ有り,右がフィルタ無しです。やはり空の青さが際立ちますね又地平線近くの白雲も見分ける事が出来ます。今度は水面下のモノがどの様に写るか試してみたいですね。

3月15日世界消費者権利デー

私はコノ記事を見るまでは3月15日が世界消費者権利デーだという事は全く頭に有りませんでした。それで調べてみるとこうゆう意味だそうです。実は私アノ日は病室で中国国営テレビ:CCTV2でカルフールの有効期限切れ偽装の隠撮りビデオを丁度見てましたよ。カルフール店内の豚や鳥肉をパック詰めする現場と肉パックが並んでいる売り場の二箇所でカルフールの従業員が期限切れ肉を新しい期限のパックへ移して売り場へ並べている所がシッカリ隠し撮りされていましたね。そこで思うのですが明らかな不正を行っているのに従業員は余りにも簡単に見せています。また撮影者の質問に対して従業員は余りにも簡単に不正の内容を説明しています。ココでは従業員の不正への懲罰は日本より可也重いですから自分の不正は必死になって隠そうとするのが一般です。私も既に嫌になるほど経験みですから。更に、衛生面からすれば一般客は絶対に入れないエリアなのにどうして入れたのでしょ???報道は全て中国語ですから撮影者や映像の仕入元の説明が有ったかも知れませんが。。。で私が一番言いたいのは不正をしている従業員はフランス人でも無く日本人でも有りませんでしたよ。しかもこの問題をあえて国営テレビが報道しているところも気になる点ですね。以前メラミン事件が有りましたがアノ時にも非国営企業は叩かれたと聞きましたからコノ件も不満をかわすひとつの方法なのでしょうね。

CASIO EXILIM EX-Z4A でも撮影

試しにとCASIO EXILIM EX-Z4Aを使って同じ被写体を撮ってみました試しにとCASIO EXILIM EX-Z4Aを使って同じ被写体を撮ってみました。場所、照明、時間、アングル全て同じで撮影しています。先に(下で)紹介した写真はミラーレスカメラ、IAモード、3倍ズーム、4592x3448の元をフリーソフトを使ってリサイズ:640x480しています。そしてコノ写真は EXILIM、マクロモード、3倍ズーム、2304x1728の元をフリーソフトでリサイズ:640x480しています。両者を比較するとバックの大きさとボカシ度が違います。またEXILIMは右下端のボケが有りますがミラーレスカメラではソレは有りません。これらがカメラの差でしょう。更にシャープをかけるとミラーレスカメラの方が艶(輪郭が際立つ)が出ますがソレ以外、既に極端なリサイズをしているのでカメラの差は判らないですね。また画像編集ソフトをつかえばある程度は修正出来るのでEXILIMもまだまだ現役で使えるという事ですね。

ミラーレスカメラ、先ずは小手調べ

買っちゃいましたよミラーレスを!2004年頃に買ったデジカメ:CASIO EXILIM EX-Z4Aは確か当時の量販店で売れ筋の商品でしたネ。私は店内で様様なカメラを前にしてどれにするか迷っている所に販売員の紹介もあって「光学3倍ズームレンズと400万画素」というウリに魅力を感じて購入したと記憶しています。私はソレまで使い捨てカメラ程度しか買った事は無く難しい操作や後の現像が嫌だったのでフィルム式は買う気には成らずソノ点、デジカメは手軽なのとソノ頃に自分のホームページに写真をUPしたい気持ちが湧いていたという訳です。このカメラは画像がカナリ綺麗で今でも使っていますが不満と言えば撮影画像の中央はクッキリですが周辺がボケる点それに何度か落下したりでカナリ老朽化してます。で、買っちゃいましたよミラーレスカメラを!まだ外出して撮影していませんが小手調べとして室内植物でマクロ撮影を試してみました。色々なモードが有って使いこなせない状況ですが後のお楽しみですね。写真は室内の蛍光灯、IAモードで撮影し、フリーソフト:irfanviewでリサイズ後JPGで保存しています。

南風になった、季節が変った

ここ深センでは例外も有りますが一般的に1月~2月の間に10℃を下回る事が数回有りますがコレが一番の冷え込みですね。そして3月に成ると気温はドンドン上昇し4月頃から夏ですね。そして今日の日本は春一番が吹いたとニュースが伝えていましが深センでも強い風が吹きました。毎年の事ですがコノ時期にコノ南風が吹くと季節が変ったという印象ですね。

自動血圧計で自己管理をする

中国製はオムロン製と測定結果に大差なさそう先日偶然BLOGで知り合った深セン在住の方の家をイキナリ訪問した際にオムロン製自動血圧計を発見。自分の血圧をホント軽い気持ちで測定したところ結果を見てビックリ!!!なぜか最高血圧が180近くに達しています。誤差もあるだろうと気をとり直して右腕から左腕に換えて再測定でもヤハリ高い。さんざん測定を繰り返してもやはり高血圧に間違いなさそうです。そういえば昨年夏ころから中国式火鍋を食べると途中で体がだるくなったり又最近では頭痛や耳鳴りが気になっていました。高血圧なら病院へ行き薬を処方してもらっても良いですが先ずは血圧の自己管理をはじめ様と考えた次第です。ところで近くの薬局でオムロン製のを物色したのですが日本製は1万円と高価でソノ脇に置いてあった中国製ので試測定しオムロン製も同時に比較測定したところ測定値に大差なさそうで値段も200元(日本円で約2,500円)と破格です。だいたいが判ればよいので朝晩測定を行っています。

  • 1

ユーティリティ

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

ページ

  • ページが登録されていません。

新着エントリー

過去ログ