エントリー

2013年04月の記事は以下のとおりです。

濱江公園、つまりは河に沿った公園って事・・・

ファイル 628-1.jpgファイル 628-2.jpgファイル 628-3.jpgファイル 628-4.jpg
恵州市は大まかに言うと東江(ドンジャン)によって街が南北に二分されています。そしてコノ河がアノ有名な珠江デルタ地帯へ流入している訳です。それに宝安区の海岸線は正確には海では無く珠江口という大きな河口に接している訳です。東江を地図で上流に辿ってゆくと確かに恵州市内を通過しているのが判ります。昨日(28日)は濱江公園の近くに用事が出来たついでに急に思い立って濱江公園を初めて散歩して来ました。題目のとおり河に沿った公園でして自然一杯という訳でもなくカメラ撮影の為に次も行きたいと思う程の所ではありませんね。ま、散歩、ジョギングなら良いかも。

帰りは市政府側へ降りて、西湖まで歩いた。

ファイル 627-1.jpgファイル 627-2.jpgファイル 627-3.jpgファイル 627-4.jpgファイル 627-5.jpg
初めて来た場所はなるべく脇道まで入ってソノ先が何処方面へ行くのか確認したり、何か面白いものが無いか見て来るように心掛けています、時には立ち入り禁止エリアに入ったりチョット危険な場所もあったり、でも安全には気をつけていますが。前にも説明しましたが紅花湖公園は飲料水用の人口湖でその周辺の水系は環境保護され勝手に樹木を伐採したり開発は出来ないエリアだと思います。でも峠を越えると開発の跡が見れます。峠を越えてから恵州市政府側へ歩道を降りて行くと麓付近はライチの森です。前にも説明しましたがライチの森では日差しを遮るので雑草も茂らず散歩には良くても自然を楽しむ事は出来ません。仕方ない事ですね。

高榜山付近のテレビ塔、レーダ塔を歩いた

ファイル 626-1.jpgファイル 626-2.jpgファイル 626-3.jpgファイル 626-4.jpgファイル 626-5.jpg
以前に行った紅花湖公園ですがサイクリング道路では自転車が危なくて落ち着いて写真撮影が出来なかったので今度は近くの山を登る事にしました。前と同じカルスバーグ・ビール工場前のバス停でバスを降りて散歩開始。湖畔のサイクリング道路から石段ばかりの急坂にはいり森の中へ。私は宝安の山で急坂登りは経験があるのでここの石段も難なくクリアですね。何処の道も石段や舗装され工事箇所も無く足場が不安定な箇所はありませんでした。やはりサイクリングする人はココまではきませんね。地図で調べると約11キロの道程です。この前の20キロの半分程度なので比較的楽でした。これ位の距離が適度かと思います。

桃花園に八重桜が!もう夢中になって撮った!

ファイル 625-1.jpgファイル 625-2.jpgファイル 625-3.jpgファイル 625-4.jpgファイル 625-5.jpg
桜の開花期はもうとっくに過ぎていますが、湖畔のわき道へ入った所、桃花園という公園内で偶然に八重桜を見つけました。この広大な公園内で桜の花を見つけたのはココだけですね! 未だ身の丈程の若い株ですが綺麗な花を付けていたので(ここ数年間、日本の桜を見ていない私にとっては)、嬉しくて夢中になって撮りました。今その画像を眺めていますがヤハリ桜は綺麗ですね!ココの資料によると桃花園には梅:4050株、桃:4050株、日本桜:100株が植樹されているとの事。恵州では毎年3月頃に開花するとの事ですから、楽しみが一つ増えました。

バス停から歩いたので20キロ超!

ファイル 624-1.jpgファイル 624-2.jpgファイル 624-3.jpgファイル 624-4.jpgファイル 624-5.jpg
いつも乗るバスでは公園に最寄りのバス停から公園入口まで約1キロ歩く必要が有ります。なのでソノ距離を含めると歩いた距離は20キロ超になると思います。自転車ならゆっくりこいでも2時間以内で1周可能なのは判っていますが、私の散歩は「最寄りのバス停から目的地まで歩く」をルールに決めています。でも今回ばかりはチト疲れました。タクシーで帰ろうかと考えましたがグット我慢、バスで帰る事に、部屋に戻ったらもうクタクタで風呂へ直行でした。それで写真ですが、恵州に来てから公園の池とかで蓮の花をよく見かけます。今日も蓮の花を撮りましたが、蓮の花の色合いといい、花の中心が光り輝いている様に見えて、やはり他のどの花よりも綺麗だと感じるようになりました。蓮の花も幾つかの種類がありますが、今回紹介した色が一番綺麗だと思います。この花岸辺には咲かず、ちょっと深い所に咲くので望遠でないと撮影が旨く行きません。それに離れていると色々なアングル、方向から撮影出来ないのが難点ですが、今後湖畔へ通ってベストショットを撮りたいと思います。なんかこの花は癖になりそうです。

久々の快晴!紅花湖公園の18キロを歩いた!

ファイル 623-1.jpgファイル 623-2.jpgファイル 623-3.jpgファイル 623-4.jpgファイル 623-5.jpg
携帯電話画面の今日の天気予報は太陽に雲が掛かって雨マーク??なんじゃコリャ!?いい加減です。でも昨日の夕日がキレイだったので私は今日は晴れるという予測が見事的中しました。今朝は早くからバスで出掛けて紅花湖公園の湖畔道路を歩いて来ました。聞いた話では貸し自転車があるとの事でしたが確かに!公園入口周辺に可也の数の店が、又公園内にも店が有りました。ほぼ100%の人が自転車を借りていますが、私は「歩く」と決めているので18キロを食事もとらず約7時間で1周してきました。地図で判るとおり道路は殆どがカーブで、自転車が引っ切り無しに通ります。それに可也のスピードが出ているので絶えず自転車に注意が必要で、かえってストレスです。道路は舗装され整備されていますが、直ぐ山の傾斜、直ぐ湖で緑地は少なく写真撮影には不向きだと感じました。コース途中には幾つかの登山道が分岐しているのでソコなら自転車は来ないと思います。次回は留意したいです。

アパートの水道水を沸かしてコーヒーを飲む

ファイル 622-1.jpg中国の水道水は飲めない。飲料や料理に、時には顔を洗う時もミネラルウォータを使うという日本人の方は多いと思います。それは個人の自由ですけど、だってローカル飯屋は当然の事、(内は違うと明示している店は別として)日本料理店だって水道水を使ってご飯を炊いたり料理に使っている訳だし(ついでに言うと、日本料理店に行って「この店は味が悪い」だのウンチクを言いながら食べる人が居ますが)、だったら「日本料理店に来なきゃ良いじゃん。中国に来なきゃ良いじゃん」と私は言いたいですよ!。で話を戻しますが、この前、上海から90キロくらい離れた都市、嘉興市で河川に死んだ豚が大量に浮いた問題ですが、あの嘉興市の浄水システムは以前、私のブログでも紹介しました(ココココ)が、自然の力を利用しています。だから問題無いと言いたい訳では有りませんが、今私が居る恵州だって浄化している訳だし、余り神経質になる事無いと私は思います。さっき水道水で電気ポットで沸かしてコーヒーを作って飲みました。そして脇でお風呂にお湯を溜めていましが湯船が黄色いです。もしかして私がさっき飲んだお湯も黄色いの?とちょっと考えてしまいました。鉄分が入ってるっていう事でかね。重金属や環境ホルモンが含まれて無ければよいですけど。

「福建小吃」と「蘭州拉面」、この2店さえあれば、、、、

ファイル 621-1.jpg皆さんのブログでは「今日は○×料理店で食べた・・・」といった飲食に関する記事が多いので、ここはひとつ私流に店を紹介します・・・。場所は私のアパート下のローカル飯屋、一つは「福建小吃(ふっけんしゃぉつー)」、これ福建省の食堂の一般的な呼び名みたいです。それと「蘭州拉面(らんぞうらーめん)」、これも蘭州という地域の食堂の一般名的な呼び名みたいです。どちらも地域や食べ物がお店の名前になっていますね。他の地域でも四川料理、客家料理、慶州料理なども有名ですが、私的には「福建小吃」と「蘭州拉面」の二つが日本人の好みに合っていると思います。「福建小吃」のお気に入りは「牛肉拉面」「酸菜牛肉飯」、「蘭州拉面」のお気に入りは「牛肉炒面」「牛肉涼面」「牛肉炒飯」、そう!実は私牛肉が好きなんです。2店とも似たようなメニューですが味はそれぞれ違います。そこがミソ!なのです。「福建小吃」と「蘭州拉面」の店を行ったり来たり、面が食べたい時、飯が食べたい時で注文を変える。合計5通りのメニューで回しますから私はこれで満足です。しかもどれも1食10元以下ですから経済的です。更に度々店に行くと店の人に覚えられて面や飯がチョット多めにしてくれますから尚結構です。

近くの水庫へ向かったが進入禁止

ファイル 620-1.jpgファイル 620-2.jpg今日は日中、時おり小雨がパラパラと降り、しかも北からの風が一日じゅう強く吹いて、半袖・半ズボンでは肌寒い天気でした。今日は、昨晩衛星地図で見つけた、アパートから数キロの所にある水庫(貯水池)まで歩いて来ました。先ずバス路線を南下し、途中から水庫へ向かう小道へ入り又数キロ歩きましたが、そこはいわゆる田舎の風景ですね。白菜、トマト、豆などの畑が小道の両側に広がり、ソノ畑のあぜ道の先にホッタテ小屋みたいな民家があります。ニワトリ、豚も飼育されており自給自足でしょうが、電気のみが通っている程度で、見れば生活の程度が解ります。私の子供の頃の実家でもココよりはマシでしたから、大ざっぱに言うと昭和以前の生活といった雰囲気でしょうかね?高層ビルが林立するアジア有数の都市、深センから数時間の距離に昭和以前の生活レベルが有る、この格差がスゴイです。途中で道を間違ったのか?道が終わってしまいました。もうこうなると畑のあぜ道を歩いて水庫へ向かうしかありません。でも、こういった田舎ではよそ者は直ぐに判ります、それも人様の畑のあぜ道を歩くので、少々不安は有りますが仕方ありません。が、あぜ道も無くなり林の中へ、人が歩いた形跡があるところを行きます。こうやって初めての土地をウロツクのはなかなかスリルがありますね。やっと林を抜けた先に水庫を発見!土手を登る道に出ました。が、「進入禁止」の看板。飲料水用の水庫なので監視が厳しいのかも知れません。要らぬトラブルは御免なので諦めて帰る事にしました。

夕食は酸菜面と蒸し餃子で10元!

ファイル 619-1.jpg超ローカルな話でごめんなさい。いわゆるソニー恵州工場付近にローカル飯屋が集まっているという情報を友達から得たので、夕飯がてらその方面の路地を散策して来ました。ソニー工場の直ぐ裏の路地へ入ると向こうの方に確かにネオンがチカチカ光っていますね。その光の有る方向へ歩く事に・・・。ソニーは敷地が広いので幾つも入・出場の門が有ります。その一つ大きな出口に面した路肩には露店やテントで拵えた簡易な店が数店あって、また店舗では中国式カラオケやディスコ、理髪店、四川料理、重慶のマーラー面、薬局、医療店、化粧品店などひと通りの店は揃って、ココはちょっとした繁華街といった雰囲気です。で、私は福建料理の店で酸菜面(酸菜は高菜漬けと同じ風味です)と蒸し餃子1枚締めて10元!で満腹。この街の生活だとカナリの節約生活が出来そうです。

ユーティリティ

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

ページ

  • ページが登録されていません。

新着エントリー

過去ログ