エントリー

2015年09月の記事は以下のとおりです。

湖畔を眺めながらコーヒーなんて

ファイル 1021-1.jpg先に写真を見てください、これは湖畔の地図なんですが、赤○のあたり、湖畔を歩いているとシャレタ喫茶店、バーに類する若者に合いそうな店を見付けたので紹介します。ここはどうゆう客層が利用するのでしょうかね?

ファイル 1021-2.jpg店名:魔方(マファン):Magic Cubeというお店。ビール、コーヒー、パスタ等の軽食、つまり喫茶店なんでしょう。もし時間が有るなら入って見たい店でした。写真を見ると判りますがハーレーだと思えるバイクが頭上に飾ってあります。また←印の箇所「衣服が整っていない人は入店お断り」の看板で「性感例外」つまり「セクシーは(衣服が乱れていても)例外」と書いてあったのが笑えました。

ファイル 1021-3.jpg店名:緑点、文字からして緑:グリーン、つまりエコを意味していると思います、カラーリングは何故か青でした。緑ペンキの代わりに青にしたと思います。ここも喫茶店です、花輪が新しいので、この国慶節の観光客を当てにして開店したのでしょう。

ファイル 1021-4.jpg店名:小悟亀、コレ見てドラゴンボールの孫悟空と亀仙人を思い浮かべました。全く関連性はありませんがね。。。。南国らしいデコレーション、鉄格子には窓が無くて中を覗き込むと図書館??椅子のところには「概念図書館」つまり図書館のようなもの、それで24時間無料、コーヒーとお茶が飲めるようです。読書は只だけど飲料は只じゃないと思います。

七星岩景区、国慶節なのに閑散??

ファイル 1020-1.jpg観光地はごった返していると思いきや七星岩景区は閑散としていました。数百台は楽に停めれる駐車場はガラガラ、私は東門から入門しましたが入園者は数名だけ、ここのシーズンって何時?疑問が始まりました。

ファイル 1020-2.jpgチケットは78人民元、繰り返し言っていますが、基本お金を取る所には行かないのが私のポリシーです。しかし奇岩を見るにはココに入場するしか方法が無いのは判っているので仕方ありませんね。入場!!公園内はやはり閑散としています。

ファイル 1020-3.jpgえ、数名の作業者が花壇へ花を植えています。国慶節を祝う文字も、でも花壇を整備は始まったばかり、もう国慶節じゃないの??いったい何時までに仕上げるのでしょう?疑問は深まります。

ファイル 1020-4.jpgファイル 1020-5.jpg至るところに地下水の侵食跡がみえます。それに風化が進んでいて頂上へ上る道には写真の様な非常に狭い岩の間を通過する必要が・・・お腹の凸が岩と擦れながら無事に通過。こんな所も桂林と同じですね。

それで、よくよく考えると未だ国慶節にはなっていなかった。今年は中秋節と国慶節が近いので大方の企業は連休を組んでいますね、中秋節は故郷の家で一家団欒する目的です、それに対して国慶節は文字通り十・一(十月1日)の事、おそらく後数日経てば、家族総出で観光旅行なのかな?と思っています。ま、混雑は嫌なので観光のタイミング的には良かったと思っています。

肇慶という観光地

ファイル 1019-1.jpgファイル 1019-2.jpgファイル 1019-3.jpgファイル 1019-4.jpgファイル 1019-5.jpg
桂林の風景に似ていると友達から言われた事を思い出して、それに桂林へのチケットが買えないので、ふと思いつき肇慶(ザォチン)へ日帰り旅行と決めました。バスチケットなら近くのバス駅で買えて飛び乗りが出来ます、と思ったのはつかの間、バスはアチコチに停車して客を拾うので約2時間半も掛かってしました。バスターミナルからローカルバスに乗り換え湖畔へは午後1時過ぎ、そこから散歩開始しました。湖畔を1周(途中、ショートカットしたけど)したのでザックリ図ると約15キロでしょうかね、丁度良い運動となりました。天気は快晴、気温も30℃を超えて汗ビッショリでした。生まれて初めての土地、肇慶でしたが感想といえば、湖はザックリ山中湖程度かな?湖畔は綺麗に整備されOK、高級マンションが立ち並んでいますが空き家もあったりして、湖水は綺麗とは言えませんね、というか何処も一緒ですけど。湖面に聳え立つ岩山は白色の石灰岩で桂林の山と一緒です。侵食が進んで鍾乳洞も幾つか有りました。アトラクションは無いので子供連れには物足りないかも。後何回か行って見たいですが、桂林の壮大さに比べたらここは物足りませんね。参考にここここをご覧下さい。

中秋の名月@番禺

ファイル 1018-1.jpgファイル 1018-2.jpg今日の満月はキレイ!湿度の影響でモヤモヤ感はあったものの雲ひとつ無く、この中秋にふさわしい満月ですね!先ほど撮影したので紹介します。もうひとつ夕食を食べてからアパートへ帰り道、電飾の飾りが綺麗だったので紹介します。

中秋快楽!

ファイル 1017-1.jpg何人かの友達から「中秋快楽」のショートメールが届いたので私も「中秋快楽」で返信。今晩のお月様は雲の合間から見え隠れ、チョット残念です。まだまだ遠方ですが台風の影響でしょうか?部屋は今も30℃超えですが風が涼しく過ごしやすい。さて、昨晩は深センで1泊して帰ってきましたが、バス駅や公園などの公共の場所では公安の警備が厳しくなっています。チケットを買っても発車15分前にならないとバス駅ビル内へ入場できません。また入場の際は身分証提示しオンライン照会で一人一人写真とチェック、当然私もパスポート提示しましたよ。バスに乗り込んだ後も何回も乗車人数を確認して大声で(広東語で)何やら注意を与えていました。かなりピリピリしている感じです。

江西省、井岡山飛行場

ファイル 1016-1.jpgファイル 1016-2.jpgファイル 1016-3.jpgファイル 1016-4.jpgファイル 1016-5.jpg
以前は高鉄(中国の新幹線)で行ったところですが今回は飛行機移動、目的地は井岡山という飛行場、なんと言うか日本語読みが可能な判りやすい地名ですね。写真は広州へ戻る際のものです、安全検査の後の待合場所、搭乗ゲートは2つしかなくこじんまりしてます。一番驚いたのは搭乗ゲートから数百メートル先の飛行機まで徒歩だという事。それに広州までの距離だと運行高度になったと思いきや着陸態勢になります、そのため飲料サービスすらありません。飛行機に乗っている時間は短いですが、ドアtoドアだと高鉄と大差ありませんね。目的地が飛行場から離れているという事です。

昨日は振り替え出勤

ファイル 1015-1.jpgファイル 1015-2.jpgファイル 1015-3.jpgファイル 1015-4.jpgファイル 1015-5.jpg
国慶節の連休つまり"十・一"が1週間後になりました、早い人はとっくに休みを取って故郷へ帰っている人も居るかと思います。私は桂林行きの高鉄(中国の新幹線)チケットを気にして見ていますが1ヶ月前から完売続きで桂林旅行は諦めの状況で、今度の"十・一"は広州と深センのどちらかになるのでしょうね。さて今日日曜は早朝は曇り、徐々に晴れ間が出たので昼から散歩に出かけました、しかし午後4時頃から突然の大雨、ちょうど帰ろうかと思ったところだったのでタイミングは良かったと思います。今日は広州タワーが見える海珠湖公園を約5時間、ユックリとしたペースで歩いてきました。

ドラゴンボート!!

ファイル 1014-1.jpgファイル 1014-2.jpgファイル 1014-3.jpgファイル 1014-4.jpgファイル 1014-5.jpg
森の中を歩いていると遠方からドラの音が聞こえてきます、なにやら騒がしい様子。森の中をさんざん歩いた後は土手に出て歩いていると、何かのお祭り!?近づいて見ると、それはドラゴンボート競技でした。そういえば最近は街中で月餅(ゲッペイ)が大量に展示されていますね、今年も月餅を贈る季節になりました。インターネットで調べると2015年中秋の名月は9月27日、これに併せてドラゴンボート競技が行われているのでしょう。ここは広州市郊外に位置する小さな村なので、ここで勝ち残ったチームが更に上のトーナメントに上がれるのでしょうね。資料によるとドラゴンボートの発祥は中国の湖南ですから、その目と鼻の先が広州、この盛り上がりようは理解できます。

バナナ、パパイヤ、スターフルーツ、ライチ、龍眼!

ファイル 1013-1.jpgファイル 1013-2.jpgファイル 1013-3.jpgファイル 1013-4.jpgファイル 1013-5.jpg
以前にも説明しましが、この地域は珠江(ジュゥジャン)デルタ地帯の真っ只中、大河は複雑な支流に分かれ中洲を形成しています。今でこ治水工事が進んで、以前湿地帯だった所は堤防で仕切られ市街化された地域もありますが、今日行った所は深い森として残されています。おそらく飲料水を得るための自然の力を使った浄水システムとして保存されているかも?。公園内にはバナナ、パパイヤ、スターフルーツ、ライチ、龍眼などの食べる実をつける木が植樹され農園の役割もある様です。ここは中国なので誰の土地なのか?不明なところですが、誰かが住めば誰かの土地になる、昔ならそれがまかり通ったのでしょう、現在はそうゆう事には成らない筈ですが、実際はホッタテ小屋が有って誰かが住んでいます。もしお金が無くなってサバイバルする事になったらコノ森も候補かも知れません。

スターフルーツ はこんな風です。

今日ひさびさに瀛洲生態公園を10キロ程歩いてきました。今日の天気は朝方にガス有りましたが9時頃から晴れ始め、風があるので真夏の暑さというか幾分過ごしやすかったと思います。

ファイル 1012-1.jpgそれで、公園内の雰囲気ですがこんな風です、1メートル程度のコンクリ道路でサイクリングや散歩を主な目的に整備されているみたいで、この公園は誰も興味が無いのか日中でも人通りは少なく、もし夜間になったら人っ子一人にない寂しい森になるのでしょう。でも森の中には所々にホッタテ小屋が有って誰かが住んでいます、電気や水道は勿論ありませんので可なり底辺の生活かと。。。誰の土地とか決まっているのか?定かではありませんが、生活に困ったらこの森にホッタテ小屋で生活も最後の手段として有りかも?です。

ファイル 1012-2.jpgファイル 1012-3.jpgファイル 1012-4.jpgファイル 1012-5.jpg
突然ですが!みなさん、スターフルーツがどんな風に実るかご存知ですか?今日、私は生まれて初めてこのスターフルーツの木を見付けました。説明ですが前写真2枚が実を付ける前、後2枚が実を付けた後です。普通の果実なら新芽が出てその先端に花が咲いて実をつけますよね、ところがスターフルーツは大枝の途中から赤い小枝が出て花が咲き実をつけます。ホンとに不思議です。公園内には手の届くところにタワワに実がなっていますが、あまりにも普通の果実なので誰も取らないのか?誰もこの公園へ入って来ないのか?理由は判りません。

ユーティリティ

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

ページ

  • ページが登録されていません。

新着エントリー

過去ログ