エントリー

2016年02月の記事は以下のとおりです。

2016年春節②>佛山市文華中道の花市

ファイル 1098-1.jpgファイル 1098-2.jpgファイル 1098-3.jpgファイル 1098-4.jpgファイル 1098-5.jpg
どうやら紹介するのを漏れていましたね、いま頃になって春節の写真を整理していて気付きました。それに先日、RAW現像ソフトを最新版に更新して現像パラメータを微調整したところ、自分のイメージに合う写真が仕上がりました。何というかコレ感覚的ですが、写真全体が活き活きとして、ふぁっとした雰囲気に仕上がるっていうのは・・・

桂林4日間旅行>月亮山の大穴を裏から見ると・・・

ファイル 1097-1.jpgファイル 1097-2.jpg阳朔の市街地から数キロにある月亮山景区をご存知でしょうか?この山には写真の通り山頂付近に大穴が有って非常に珍しい景観を見る事が出来ます。この大穴ですが多くの観光客は南側(左の写真)から眺めますが、実は北側(右の写真)のように見えるスポットが有ります。
ファイル 1097-3.jpgこの位置関係地図に表示するとこうなります。ご参考です。

20160220 広州-海珠湖

ファイル 1096-1.jpgファイル 1096-2.jpgファイル 1096-3.jpgファイル 1096-4.jpgファイル 1096-5.jpg
今日の朝8時30分のハノイ→広州便で帰ってきました。天気が良く午後からは時間があったもので海珠湖へ散歩。この海珠湖湿地公園の遊歩道は周囲4キロ程度の大きな公園ですが今日はスゴイ!人で一杯でした。もう地下鉄構内の改札を出たところから公園内まで一方通行になっていて公安が誘導しています。今までこんな混雑を見た事ありません!皆さん未だ春節休みなってしょうかね?仕事しなくて良いのかな?という事で人でゴチャゴチャの公園を2周歩いてきました。チューリップ、????、????、アブラナなど様々な花が満開状態!これ昨年の暮れから整備されていたのを見ているし、殆どの花は何処からか苗を移植して来て花を咲かせた、自生じゃないのは判っていますがね。そんな中で綺麗だなと思うところを撮ってきました。

春節前後でベトナムへ行ってきた

ファイル 1095-1.jpg
春節前にベトナムへ行って来ましたが、春節明け2月17日~20日にも急遽きまって3泊でベトナムへ行ってきました、いろいろと用事があるもので・・・ベトナムにもテト(中国の春節と同じ)がありまして、この期間はハノイはデコレーションが綺麗で、もし時間が有れば観光と洒落たかったのですが時間がありません、でも夜なら数時間なら時間があるのでホテル近くの公園へ散歩なら可能です。とう事で何時もの公園です。

20160213 番禺-大夫山森林公園

ファイル 1094-1.jpgファイル 1094-2.jpgファイル 1094-3.jpgファイル 1094-4.jpgファイル 1094-5.jpg
1週間前の写真です。私のアパートから番9のバスで行ける、この大夫山森林公園、昨年12月19日に行ってから約2ヶ月のご無沙汰でした。今年は暖冬といわれていますので若干の違いはありますが、いつもの場所に何時もの花が咲いていました。ふと気付くと大量の落葉です、この時期は一斉に落葉です、日本の落葉は長い冬を越えるためですよね、でも広東省の落葉は直後に新芽が一斉に出てきます、生態が可也り違いますね。

桂林4日間旅行>遇龍河の遇龍橋

ファイル 1093-1.jpgファイル 1093-2.jpgファイル 1093-3.jpgファイル 1093-4.jpgファイル 1093-5.jpg
川の名前と橋の名前が同じ、という事はこの場所が川を代表するところでしょうかね。2008年に初めて来てから、ここには毎回訪れています。3枚目の写真の店ですが、ドリンクやお菓子など売る傾き始めた小さな店、私は毎回ココでドリンクを買って小休止しをします。ここで休むと決めた訳ではありませんが、いつものオバサンが声を掛けてくるので、コーラを買ってから店の入り口脇に置いてある小さな椅子に腰掛けます。ただそれだけですがホッとします。

桂林4日間旅行>③高田鎮~金宝乡の山道-風雨橋

この高田鎮~金宝乡のコースは、あんまり疲れてしまって景色を眺める暇はありませんでしたが、その中ではこの風雨橋が一番の収穫でしょうね、全て木造の橋ですが人が通行可能な状態で保存されています。

ファイル 1092-1.jpg左下が上流、右上が下流です。川幅もさほど広くなく流れもゆるやかですね。左の方に民家が見えますが、この橋の下流にコンクリ製の沈下橋があるので自動車はそこを利用しています。
ファイル 1092-2.jpgファイル 1092-3.jpg川面に下りて橋を見上げて、また側面からも撮影しました。木造の為か中央付近が湾曲しています。実際歩いてみましたがキシミ音もなく頑丈な造りです。自動車は無理ですが人・バイク・自転車の通行なら問題ないです。
ファイル 1092-4.jpgファイル 1092-5.jpg入り口に「平安風雨橋」と掲げられています。風雨が無く平安になるように記念して名前を付けたのでしょうかね?上流から見ると川は左曲がりしています、その直下に橋桁が有るので豪雨時はどうなんでしょ。

桂林4日間旅行>③高田鎮~金宝乡の山道

さぁ~~て最後だ! 今回のママチャリ・サイクリングではこの高田鎮~金宝乡のコースが一番の難関でした。ホテルからの走行距離も60キロ超! 峠越えもありました、中でも金宝乡へ入る時、金宝乡から出る時の2箇所の峠越えには苦戦しまいた。もしチャンとした装備のサイクリングなら未だマシだったのかもしれませんが・・・

ファイル 1091-1.jpg高田鎮の風景です、高田鎮は一人の友達の故郷と聞いていたので、どんな所か見たいという気持ちもありましたね。この時は観光気分で余裕の状態でした、が、この先・・・
ファイル 1091-2.jpg途中から普通の山道になってしまいました、両側に山、平地に村、私の故郷の風景に近いです。そんな平凡な地形をひたすら北上!、写真は金宝乡の峠越えの最中です、高田鎮から約20キロのところ、既に疲労困ぱいです。
ファイル 1091-3.jpg金宝乡から出る時の峠越え、振り返って金宝乡を撮影しました。ここは盆地ですね。マイクロバスの往来が有りますが、観光客は来ない田舎村という感じです、黄色い買い物カゴが付いたママチャリでのサイクリングは可也目立ちました。
ファイル 1091-4.jpg金宝乡から出る時の峠越え、道路は拡幅工事の最中で危険なのか?写真のような看板が掲げられています。「白沙から金宝乡へ至る道路は、超限車両の通行を禁止する」また隣には「お客を乗せたバスは通行禁止 時間夜22時~朝6時まで」、この峠を越えてみて確かに危険な場所がイッパイです。
ファイル 1091-5.jpg道路の拡幅工事はこんな感じです。自動車の往来も多くホコリが舞って最悪でした。もっと悪路があってあんまり飛び跳ねるので、買い物かごに入れておいてたママチャリのロック鎖が紛失してしまいました、またハンドルにガタが生じて、自転車を返却するときに10元を払って勘弁してもらいました。

桂林4日間旅行>工農橋からの夕日!!

ファイル 1090-1.jpgファイル 1090-2.jpgファイル 1090-3.jpgファイル 1090-4.jpgファイル 1090-5.jpg
この桂林旅行で約400枚ほど撮影してきましたが、この5枚、その中でもベストに値する写真です。場所は工農橋の上、国道?G321号線、阳朔から南へ向かい遇龍河に掛かる橋です。どうしてココに橋を掛けたのか?橋の上からこの風景を予測していたのでしょうか?スゴイ!!、最高の夕日に遭遇できて良かったです。

桂林4日間旅行>②阳朔~七仙峰景区の山道-寄り道

七仙峰景区からの戻り道は快適そのものでしたね、何故かって…ほとんどが下り坂だから!という事でイッキに阳朔の市街まで戻ってきました。

ファイル 1089-1.jpg
食事しようと西街(シージィエ)まで来ましたが、まだ年初二(旧暦新年の二日目)というのに人がイッパイです、さすが観光地!私は人混みは嫌なので漓江(リージャン)へ向かいました。桂林から川下りした多くの客はこの港で降ります。ここでパノラマ撮影です、左(北:上流)→中央(東)→右(南:下流)の動きです。ちょうど客を降ろした空の船が上流へ向かっています。川の流れはソコソコあるのでエンジンを吹かしていますがゆっくりとした登りですね。

食事の後、昨日寄り道して途中で諦めた細道へチャレンジする事にしました。衛星地図上では確かに道が有ります、さすがに自転車なら通れると見込んでのチャレンジです。

ファイル 1089-2.jpgこの時点では全く不安はありませんでしたが、、、
ファイル 1089-3.jpg道が段々と細くなってきました、でも4輪車が通った跡があります。このあたりから携帯電話の信号が途絶え・・・
ファイル 1089-4.jpgとうとう、こんな細道になってしまいまいた。前方に藪が有りますがココを突っ切るしかありませんね!
ファイル 1089-5.jpgやっと抜ける事が出来ました!来た道を振り返って撮影しています、赤↓の方から通り抜けたわけです。約4キロの道のりですが初めての土地はスリルがありますね。

ユーティリティ

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

ページ

  • ページが登録されていません。

新着エントリー

過去ログ