エントリー

恵州市西湖、台風被害を見る

ファイル 1253-1.jpgファイル 1253-2.jpgファイル 1253-3.jpgファイル 1253-4.jpgファイル 1253-5.jpg
台風一過という事で昨日は、急に思い立って恵州市へ行き、観光地で有名な西湖を歩いてきました、22号の台風は深セン直撃ではありませんでしたが、どうやら恵州市の東側を通過したらしので被害はどうだか?という事で、西湖の何時ものコースを見て歩いてきました。至る所で樹木が湖面に倒れこんでいました、特に酷かったのは1枚目の写真です、アスファルト遊歩道の半分が根っこからもげて陥没しています。思うに湖岸の際(キワ)に樹木を植えたら、しかも木の幹が湖畔に向かって傾き始めたら、地下茎が余程シッカリ支えないと倒木するのは当然と思いますね。湖畔のどこでも同様に植樹され、どれも可也の樹齢に達していますから、この先どうなるか予測付きますね。どの写真も携帯電話で撮影しました。

予報が外れ、そして台風一過、、、

ファイル 1252-1.jpgファイル 1252-2.jpgファイル 1252-3.jpgファイル 1252-4.jpgファイル 1252-5.jpg
19日の台風予報では香港・深セン直撃コースでした、また21日の朝に深セン政府が発したショートメールでは、企業は休業にして市民に外出を控えるよう呼びかけてましたが、実際のコースは大きく東へズレて上陸してからソノ日の夜は雨風は止んでしまいましたね。ま、軽く済んで良かったという事です。そして22日昨日ですが午後から平巒山へ散歩して来ました。

この平巒山は2013年に2回、2016年今年になって1回訪れています、詳しくはをご覧下さい。

台風一過は日本じゃ良く有る事ですよね、でも広東省では余り無いと記憶していますが、今回は見事に台風一過になりました、大雨の後なので湿度はグッと高く蒸し暑さを感じます。壊れかけのカメラを持って、、、トホホ、仕方ありませんね。

雨が降ると、、、この村の怪、、、

ファイル 1251-1.jpg私が住んでいる所は南头(旧第二国境)に近い"村"です、狭くて暗くてゴチャゴチャした路地、昼間っからマージャンしたりフラフラしている人も多く、(私は慣れていますが)外国人が立ち入るにはチョット躊躇するエリアです。で、先日開通したインターネットですが、昨日台風が来て雨が降った時の怪奇現象!?雨が降ると速度が極端(1/10程度)に落ちて、そして雨が止んで数時間後には元通り、、、雨とインターネット速度にどの様な相関性があるのか?理解不能です。プロバイダー(というか個人のお店)にクレーム付けたら支払った料金を返金すると言い出して、ちょっと困った。しかし雨さえ降らなければ快適インターネット環境なので、このまま様子見とします。ちなみに聯通(レントン)アプリに Speed Test機能を見付けました、これ結構使えるので皆さんに紹介します。

ヨシ!やってみるかぁ~!!

ファイル 1250-1.jpg五十の手習いで、Android Studioを使ってアンドロイド・ソフトを開発を始めます!!という事で今日やった事は、、、

①私の部屋にインターネット回線を開通させる、(4G携帯電話のデザリングは速度的にはOKだが料金が流量で積算されるのでサスガに困る、業者を呼んでネットワーク設定を行って貰う)

②プロ串:自由門(FREE GATE)をつかってアメリカ大陸と直接つなぐ、(中国ではGFWによってGoogleのサイトは全てブロックされているため)

③Java SE Development Kit、Android StudioとSDKツール をD/Lする、(関連ソフトが全てインターネット配布なので、、、これで午後の時間が潰れてしまった)

④PCへインストールする、(インストール中もインターネット接続するので、これも1時間程度掛かった、CPU:I5+8Mメモリのノートでは少しストレスを感じる)

いちおう私のノートPC上に開発環境は整った状況です、さて、これからこのツールの使いこなしから始まります。どうなる事か、、、、

つかの間の晴れ、、、しかぁ~シ!!

ファイル 1249-1.jpgファイル 1249-2.jpg
昨日迄の雨・雨・雨、、、これ台風21号の影響ですね、そして今朝つかの間の晴が戻ってきました。が、しかぁ~シ!!天気図を見ると次の22号が香港直撃コースですね、予報では明日21日午後の上陸です。さて毎朝、公園を散歩していますが、気温が下がっているのか草木には朝露(アサツユ)がついてキレイ、また喋喋の藍もキレイです。今日はこの晴れ間を旨く過ごしたいと思います。

4年振りの海上田園、、、

沙井(サージン)の海上田園ってご存知ですか?羅湖からだと路線バス:337路の終点です、また高鉄:深セン北駅からも海上田園行きバスがありますね、私は2012年に訪れていて4年振り、ホント久しぶりですね。

過去の記録はをご覧下さい。

ファイル 1248-1.jpg公園の地図です、衛星地図から見るとこの様です。衛星地図を見て私が思うにココは埋立地ですね、道路になる所だけ土砂で埋めて、四角い池に仕切って、淡水を貯めて養殖池にしています。海上田園はそのため池に手を加えて公園に仕上げたようです。潮の満ち干が有って今日は満潮でしたが満潮時の水位より、公園内の水面は明らかに低いです、もし水門を開けたら公園の殆どは水没すると思います。海抜セロメートル地帯だという事です。

ファイル 1248-2.jpgファイル 1248-3.jpgファイル 1248-4.jpgファイル 1248-5.jpg
とにかく広い、貸しボート、貸し自転車、BBQ、簡単なアスレチック、簡単な遊園地、水遊び場、レストラン、ホテル、一通りのモノは整っていますが、客が少ない、午後4時ごろ出門しましたが入場者の電光掲示板が3百名チョットでした。深センからバスで1時間以上かかるし、周りには何も無くて、辺ぴな所です。4年前に訪れた時と変わった点は無かったですね。

ちょっと気になる、、、

ファイル 1247-1.jpgサム寸、Note7の問題ですがスゴイ事になっていますね、アレって日本では発売されていなかった??ま、私には100%関係無いと思っていたら自分のケータイで写真の様なメッセージが出るようになりました。そういえばVIVOという中国メーカ名前が入った(勿論ニセモノ)充電器を買って使い始めていました。ところで最近VIVOのケータイが気になっています、つまり"5分充電2時間通話"って謳い文句のヤツですよ。普通2時間程度かかっている充電時間がどうやったら5分になるのか?恐らくバッテリにとって凄まじいストレスになるのでは?"5分充電2時間通話"のケータイも様子見にしときます。

この意味はEvergreenだった!

青青世界の解釈が間違っていました、青青世界の案内図に英訳でEvergreenと添えてあって、このEvergreenをココで調べたら、つまりは"青青"は"常緑"という意味、つまり青青世界=常緑世界という事でしょうね。という事でケータイで公園内を撮ってきたので紹介します。

ファイル 1246-1.jpg公園内のマップです、南山公園北側にあって基本は傾斜地です、山あり谷ありで地形を旨く利用していますね。
ファイル 1246-2.jpg喋喋農園です、ご覧のとおりビニル・ハウスですが、中にはキレイな喋喋たちが乱舞してます。広東省でも冬季は10℃以下になるので、ビニルハウスで温度を維持する必要があるのでしょうね、真夏はコノ中はどうなるのでしょう?気になります。
ファイル 1246-3.jpgファイル 1246-4.jpg熱帯雨林ジュラ紀公園です、谷の地形を利用し、至る所から霧や水が噴出して、熱帯雨林に迷い混んだ雰囲気を出しています、巨大な恐竜がアチコチにいて、恐竜は子供たちには人気なんですね。ここの水槽には1メートル越えの巨大な魚が居ます、これはチョット驚きです。
ファイル 1246-5.jpgこうゆうイベントもやってます、農機具や食器具などを使った演奏、なんというかド忘れしていますが、別途料金を取るのは陶器製作、レストラン、売店だけで、こういった催しは只ですね。

ここには蓮や睡蓮は無いけど、、、

ファイル 1245-1.jpgファイル 1245-2.jpgファイル 1245-3.jpgファイル 1245-4.jpgファイル 1245-5.jpg
青青世界って何故?青青なんでしょね?中国語で色の"青"は"藍"を使いますよね?"青"の意味として"歳が若い"という意味もありますよね、という事は"青青世界"って"若々しい世界"という意味かもしれません。私が深センに引っ越してきて探していたのは蓮や睡蓮の花をテーマにした公園でしたが、残念ながら"青青世界"はチョット違っています、が、これはこれで良いかも知れません、季節が変わったたら又キレイな花が見れるでしょう、期待しています。

青青世界、ここも良さそう、、、

昨日の散歩の疲れも癒えて来たので、今日は深セン南山区にある青青世界を約5時間歩いてきました。

ファイル 1244-1.jpg喋喋農場、三角屋根のビニルハウスへ入ります、中には花が咲いていて、そこに様々な喋喋が乱舞していますね!名前は知りませんが大型なので紋白蝶の類だと思います、花もキレイですが喋喋もキレイですね。
ファイル 1244-2.jpgチョットしたアスレチック施設があります、池の上に差し渡した僅か10メートル程の吊橋ですが、これだってスリルを味わえます、たったコレだけに行列が出来ていました。
ファイル 1244-3.jpg瓜農園、ご覧の様に既に枯れてしまって干乾びた瓜がぶら下がっています、「観賞用につき勝手に取らない事」と看板があります、つまり干乾びてもコノまま放置するのが目的なんですね。
ファイル 1244-4.jpg陶芸館、どうやら陶芸が楽しめるようです、1回70元?ちょっと高めですが家族連れには、こういった陶芸の体験も貴重ですよね。

ここは入場料60元で入ります。釣り堀(実際釣っても良い)、農園(野菜類,瓜類,香辛料類など様々)、植物園、喋喋農園(ハウスの中に草花が生い茂って喋喋が乱舞しています)、熱帯雨林(水槽が有って1メートル超の巨大魚が圧巻!)、BBQ場、陶芸体験場、遊歩道、など自然体験型の公園です、電機で動く騒がしい乗り物やグルグル回ったり落下して来るモノ等はありません。アパートから近くて、良く整備されていると思います。また訪れたいと思います。

ユーティリティ

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

ページ

  • ページが登録されていません。

新着エントリー

過去ログ