エントリー

銀行員とチャットした!!!

ファイル 1266-1.jpg昨日、自分の携帯電話を工場出荷状態にリセットして色々なアプリを再インストールしながら元に戻しています、ところが中国銀行のアプリには引っ掛かってしまいました!携帯電話(本体と電話番号)は不変ですがアプリを再インストールしたために、画面に写真のようなメッセージが!!つまり携帯電話での使用がロックされてしまった訳です、セキュリティがシッカリしているのは良いですが、使えないのは困りもの。確かPC上からロックを解除出来る記憶がありましたので試しましたが旨く行きません。仕方なくチャットサービスを利用する事に、最初は人工知能が応対していますがラチがあかず、銀行員と直接チャットを要求、これ全てインターネット上の話です。それでもラチが空かず、自分で冷静になって再度PCを操作して判った事は、インターネット上のユーザ名が大文字じゃなく小文字になっていた、銀行で開帳した時は大文字だったのに、、、、そんな事知りませんよね。時間と労力を掛けて自分で解決する事が出来ました。

秋を感じさせるイメージ、、、

ファイル 1265-1.jpgファイル 1265-2.jpgファイル 1265-3.jpgファイル 1265-4.jpgファイル 1265-5.jpg
小南山公園は頂上の直ぐ近くまで車道が整備されています、頂上へは更に小道を登る事になります、日没まではかなり時間があったもので、小道を登ったり・下ったりしながら西の海を眺めていました。小道の脇は只の草花が茂っていますが夕日があたってキレイです、そのなかから秋を感じさせるイメージを紹介します。

今日は完璧だったぁ~~!!

ファイル 1264-1.jpgファイル 1264-2.jpgファイル 1264-3.jpgファイル 1264-4.jpgファイル 1264-5.jpg
毎日が素晴らしい天気が続いていますね、雨が降る気配すらありません!何処にゆくにも傘を持たずに安心して外出できます。気温はやはり30℃を超えることは無く(感じでは)湿度も30%程度、洗濯物も良く乾きます。という事で、こんな良い天気なので今日も小南山公園の夕日を見にバスに乗って例のお寺の脇から登山して来ました。それにしても今日の夕日は完璧でしたね!日没の西の空には雲は一切なく、ガスは有ったものの日没を見届ける事が出来ました。夏の蒸し暑さも良いですが、この秋の天気も良いですね。

ここだけで見れます。~その2

ファイル 1263-1.jpg実はハイビスカスの花は花弁の色だけでなく形や大きさもさまざまですね、この写真ですが枝垂れタイプです。もしこの枝垂れハイビスカスを見たければ恵州市の西湖(シーフ)の一番西にある菱湖で見る事が出来ます。

ここだけで見れます。

ファイル 1262-1.jpgファイル 1262-2.jpgハイビスカスにも色々ありますね、昨日の散歩で見かけたハイビスカスは、黄とピンクでした、普通は赤ですよね。いろんな所を歩いてきましたが、黄、ピンクのハイビスカスは、この深セン湾公園だけですね。写真(左)は(曇っていた時の撮影なのでイマイチですが)黄の花をつけるハイビスカスです。写真(右)は普通の赤、でも太陽光によってキラキラ輝いて、コレが私の好きなパターンです。

クリーニングは成功した!!

ファイル 1261-1.jpgファイル 1261-2.jpgファイル 1261-3.jpgファイル 1261-4.jpgファイル 1261-5.jpg
ここ最近の天気の特徴はというと、夏の蒸し暑さとは違って30℃を越える事はなくなり吹く風が心地よいですね。散歩していても大汗をかかなくなりました。そろそろ薄手の長袖でも良いかもしれません。さて、今日は午後から深セン湾公園をカメラ片手にブラブラ散歩してきました。勿論カメラは標準レンズを装着しています、午前ブログで書いたとおりCCDセンサ部を清掃したので、その効果確認も有ります。それにしても今日の夕日は良かったので写真を紹介します、南山の高層ビルと(遠くに見える)南山の間に沈む太陽が非常にキレイでした、ご覧のとおりCCDセンサの清掃も旨くいったようです。

パンドラの箱を開けてしまった、、、

ファイル 1260-1.jpg小南山の山頂で撮影した写真をパソコン上で整理していてフト気付く事があります、写真の赤○の中ですが何か写っていますね、他の写真を見直すと全く同じ箇所に同じ影が、、、、レンズの汚れかぁ?と思いレンズ面を観察しても何も見えない、、、じゃ何処~、もしかして?、もしかして?? CCD(画像センサー)の汚れかぁ~??最悪のシナリオです、、、
ファイル 1260-2.jpgカメラからレンズを取り外して、ベランダに行って自然光の下、いろんな角度から見ると写真と同じ箇所に小さな白い点を発見!。という事でレンズクリーナキットから、油取り紙・レンズ専用布・綿棒・アルコールを取り出し、いろいろ組み合わせて清掃を試みました。私は、カメラ内部(CCD表面)は絶対に触れはならない箇所という認識だったので、もしコノ清掃が旨く行かなければ、このカメラは廃棄する決心しての作業でした。

白い点の箇所だけを綿棒の先端で恐る恐る擦るとソノ周辺にまで擦った跡が広がって残ります、これを繰り返してもダメ!だと悟り、試行錯誤した結果は、綿棒の頭にレンズ専用布を絡めて、先端部分に息をハァ~と吹き掛けて少し湿度を与えてから、汚れたポイントだけを軽く擦る方法が一番うまく行きました、これで完璧じゃないでしょうが、とりあえず見えないレベルにまで清掃できたので様子見とします。

望遠レンズも壊れ、標準レンズもイマイチ、カメラも一部が壊れているし、どれもガタガタですが、自分でなんとか出来る範囲なら、このまま使い続けてみようと思っています。

小南山頂上からみる日没、、、再度

ファイル 1259-1.jpgファイル 1259-2.jpgファイル 1259-3.jpg
という事で昨日午後から再び、小南山へ登って山頂からの日没を撮ってきました。先日はお寺の近くには登山口が有る!という予測が見事に当たって新しい登山口を見つける事が出来ましたね、詳しくはココココをご覧下さい。この時は出発時間が遅く到着時は既に日没が始まっていました、残念!という事で昨日は昼食を食べた後から出発し頂上から日没を待つ計画にしました。ところが雲が、、、南方から途切れる事なく雲が動いてきて、なかなか快晴と成りません。それでも海面に陽が射したタイミングを見つけて撮ってきましたけど、3枚の写真を紹介しますね、次の天気の良い日に再度登る事にします。

ちょっと時間があったもので、、、

ファイル 1258-1.jpgファイル 1258-2.jpgファイル 1258-3.jpgファイル 1258-4.jpgファイル 1258-5.jpg
花金の夜は福永の友人宅にお邪魔しました、昨日は宝安へ帰るだけでしたが時間が有ったので、久々に福永の鳳凰古村を2時間程歩いて来ました、ココは2014年8月に訪れていますね(過去の記録はココココ)。今回はカメラに標準レンズをつけての撮影です、望遠レンズだと遠目に構えてズームすれば大概OKです、でも標準レンズだと(私の場合)被写体に可能な限り寄らなければなりません。でも頭のはるか上だったり、湖畔から湖面の撮影では近くに寄れないわけで、ソレは仕方ありませんね。ところで(これは私の感覚ですが)標準レンズは太陽光でキラキラ輝くような活き活きとしたイメージの再現性がイマイチです、標準レンズですからオマケの意味なんでしょ、今度カメラを買う時は本体とは別売りのレンズを買う事にしようと思っています。

レビューの執筆依頼があった。

先日、EaseUS Sotware という会社から Data Recovery Wizard Free の、特に写真復元について本ソフトを紹介をして欲しいとの依頼が来ました。写真復元といえば、過去に散歩の合間にカメラをいじっていたら、一日掛かって撮ったデータを誤って全削除してしまい非常にショックを受けた記憶が有ります。大切なデータですから何とか復元させたいと強く思うのは当然ですが、もし専門の業者へ依頼すると高額な費用が発生しますよね、ところが EaseUS Sotwar さんでは"タダ"で提供されていて、その太っ腹ぶりには感謝・感激です。ただ確実に復旧出来なければ意味はありませんからね、という事で私なりに性能を確認してみました。

■ Data Recovery Wizard Free を手に入れる。
ソフトはココから手に入れる事が出来ます。HPを見ると、本ソフトの"データ復旧"以外に、"バックアップ&復元"、"パーティション管理"、"ユーティリティ"など、Windows 或いは Mac パソコンを使いこなす為の専用ツールも多数有りますね。興味がある方はそれらもご覧下さい。

■ パソコンへインストールする。
ダウンロード・ファイルは実行形式:EXEファイルなのでインストールは簡単ですね。途中幾つか確認項目が出てきますが、特に注意すべきオプションは有りませんがら、スムーズに完了出来ると思います。

■ さっそくソフトを起動する。
ファイル 1257-1.jpgこれが起動直後の画面です。ソフト起動とともにパソコンのストレージに対してスキャンを開始します、スキャンが完了するには少しの時間が必要で、途中で終了させるには確認ダイアログで出てきます。

ファイル 1257-2.jpgスキャンの結果は、この画面で確認する事が出来ます。検出出来たストレージとパーティションが一覧されますから、目的のアイコンをWクリックして、スキャンを続けます。Windowsが認識しない(隠し)パーティションもチャンと発見されていますね。

■ いきなり!試験開始!!
このソフトが何処まで使えるか?それを試すには、先ずSDカードを完全に消去する必要が有ります、この完全消去するにも専用ツールが有りますが、今回はデジ・カメを使って物理フォーマットを掛けました。確認の手順ですが以下の通り、、、、、何か行う度に Data Recovery Wizard Free でスキャンします。

①SDカードを物理フォーマットする。(カード内を完全にクリアにする) ⇒ Data Recovery Wizard Freeでスキャン

②写真データ(JPGファイル)をSDカード内へCOPY(カメラで撮影したと同じ意味です) ⇒ Data Recovery Wizard Freeでスキャン

③SDカードを通常フォーマットする。(誤って削除したと同じ意味です) ⇒ Data Recovery Wizard Freeでスキャン

④SDカードを物理フォーマットする。(完全にクリアしても、もしかして復旧できるか?? ⇒ Data Recovery Wizard Freeでスキャン

■ で、結果発表!!
ファイル 1257-3.jpg結論から言うと、③通常フォーマットを行った後でも復元出来ます。さすがに④物理フォーマット迄行ってしまうと復元出来ませんでした。なお、③通常フォーマットは"削除"と同じ意味ですね、SDカードの場合は"ゴミ箱"に入らず削除されてしましますから。

余談ですが、
もしこの復元を手作業で行ったらどんな事になるか??私は、過去FD(フロッピーディスク)の復元を手作業で行った事が有りますが、FAT(ファイル・アロケーション・テーブル)からトラック値・セクタ値を解読して、、、、大変な時間と労力を掛けてデータを取り戻した経験が有ります、現在は当時とは比べ物にならない大容量のストレージばかりですが、本ソフトはフォーマット済みのSDカードでも簡単に写真データを復元してくれる訳ですから本当にスゴイ!事です。

ユーティリティ

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

ページ

  • ページが登録されていません。

新着エントリー

過去ログ