エントリー

2011年04月の記事は以下のとおりです。

菅さんが詫びる事では無い

この記事の菅さんの発言は現政権の首相としてでしょうが本心は釈然としないと思います。だって、そもそも日本の原発政策を推進して来たのはいったい誰だったでしょうか?おまけに天下りや政治献金も、、、という事でコメントを書こうと思いましたが既に発言がありました→かなり強烈ですがココをご覧下さい。それで自民が現政権に協力しないのは下手に協力して過去の蒸し返しになった時に立場が危うくなる事を恐れているのでしょう。しかし時間と共に原発政策に対する問題が露呈するのは間違い無い事で自民の方も少なからず弁明を求められると思います。そうなった時に菅政権への風当たりも一変すると思いますよ。

枝野官房長官の人柄に好感

この大震災の報道では私は枝野官房長官の人柄に好感を持つようになりました。多くの不明点や予測が出来ない事象があるなかでメディアを前にして淡々と事実のみを語るその姿勢は良いと思います。もちろん菅首相の采配のお陰でこの枝野さんの働きになっていると思いますが国民目線からはやはり矢面に立っている方のほうが良く見えてきます。また大連立を組まないと自民は言っていますがこのままでは国民から評価されないと思います。こんな緊急の時に未だ政局を述べる政治家が居る事に失望感を持たざるを得ません。どんな場面でも「仕切る能力」というのは周りから見て判るものです、今日本が大変な事になっている時に率先してリーダーシップを発揮するのが良い政治家だと思います。自民には「ようし!やってやろう」という気持ちの人は居ないのでしょうか?

福島第1原発事故は想定外では無い

この記事に依るとGEの元エンジニアは「マーク1は大規模事故に耐えうるようには設計されていません。冷却システムがギリギリの容量で設計されているため、電力供給が途絶えて冷却システムが止まると、爆発を起こす危険性がある。使用済み核燃料の貯蔵プールも最新型のように自然に冷やされるタイプではないため、電気が切れるとすぐに温度が上がってしまう」と証言しています。(マーク1は福島第1原発の原子炉の事です)これで福島原発はフェイルセーフでは無い事が明らかになりました。更にこの記事この記事に依るとマーク1(第2世代)は古い設計で最新の第3世代プラスでは冷却システムに改善が加わっています。これがベストなのか私は判りませんが各国の原発設計者はこの問題点を事前に認識し改善を行って来た訳で、日本の原発当事者もそれら最新技術の収集に努め福島第1原発の古い原発にも速やかに改善を加えるべきでした。また有識者からの主張や提案を真摯に聞き入れるべきでした。これら公になった情報を鑑みても「想定外」では有りません。

  • 1

ユーティリティ

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

ページ

  • ページが登録されていません。

新着エントリー

過去ログ