エントリー

2015年01月の記事は以下のとおりです。

写真を撮っておけばよかった

ファイル 922-1.jpgこの日も半日、大夫山森林公園を歩いてきました。そして番9のバスで帰宅途中に事件が勃発しました!バス中央で何やら口論が始まった、段々声が大きくなりエスカレートした模様、見るとどちらも40歳前のオバサン、お互いに手は出さないげないもののヒステリックの極み!隣にいる旦那は黙ったまま、信号待ちで停車中にバスの運転手も怒鳴って注意を与えたが全く収拾しない。あのナッツリターンでじゃないけど飛行機内や海外での事件が報道されますけど、目前で遭遇すると呆れ返って言葉が出ないですね。こんな人達を束ねるって一筋縄でいかないですね。という事で今日の写真は1枚だけです、今日は曇っていたし今日の出来は全く不満足でした。

公園の中は思い思いに過ごす人

ファイル 921-1.jpgファイル 921-2.jpgファイル 921-3.jpgファイル 921-4.jpg
先日、初めて日本・京都へ行って来た人と日本の印象を尋ねてみました。ひとつ教えてくれたのは、気候の変化の早い事。京都についた時は快晴、いくつかの観光地を廻るうちに強風が吹き出し、とうとう雪が降り始めた、広東省生まれの彼にとって雪が見れたのはラッキー。観光地も良かったけれど、半日のうちに快晴>強風>雪と目まぐるしく変わる日本の気候についても印象深かったようです。確かに広東省は先日、数日間だけ雨が降ったけど、私の記憶では過去3~4ヶ月で雨が降った記憶がありませんね。それくらいココは気候の変化が少ないという事なんです。で、話は長くなりましたが大夫山森林公園の写真を紹介します。このテーマは人です。撮影させて頂いた方に感謝しています。

梅の花も公園の一部で咲き始めた、桜は未だか?

ファイル 920-1.jpgずっと以前、日本では高知県でしたっけ?梅が開花したとニュースを聞いて、亜熱帯のこのあたりより高知の方が気候は暖かいのかな?、つまり「南国土佐」という言い方は有る意味は正しいのかも知れませんね。この花びらホント小さいです、1センチ位です。この小さな花びらがチラホラ咲いていました。ところでこの辺りで桜の開花は見られるのだろうか?恵州(けいしゅう)という所の西湖(シーフー)という観光地には一応、日本桜が植樹されていますけど。日本と聞くとピリピリする人々がゼロではないのですが、桜の花の美しさには異論は無い筈ですから、仲良く花見とゆきたいですね。

金木犀の香りが良い

ファイル 919-1.jpg金木犀、きんもくせい、と呼びますね、中国では、桂花、ぐいふぁ、と呼びます。特に印象的なのは桂林、路地、公園、山の中など、いたる所からなんと無く香がしてきます。だから桂林、ぐいふぁの林、という意味だと私は理解しています。この広東省あたりの開花時期っていつなんでしょ、昨年10月ごろから今現在までズーっと香っているんじゃないかなぁ~。昨日行った大夫山森林公園内にもいい香りがしてましたし。花弁が小さく接写できないカメラではくっきりと撮影できなくて苦労してますが、昨日撮ったのは不満足ながらもマアマアの出来かなという程度です。ま、写真をご覧下さい。

広州タワー周辺の水上バス路線

ファイル 918-1.jpg広州タワーは海珠区というところ、ここも珠江という大河の中の大きな中洲なんです。昨日約20キロ歩いたと書きましたが、もしこの中洲を一周したら何キロか?、恐らく80キロ以上だと思います、実際歩こうなんて思いませんがね。どこに行くにも河を渡る必要があり、その交通手段として水上バスという事だと思います。これには無い路線や夜間も出航しているようで岸から見たら、電飾でキラキラまるでディスにーランドの?パレード見たいだったです。ちょっと見た案内判には船の1階で168元、半分屋根が無い2階で180元、乗船するとミネラルウォータやちょっとしたお菓子のプレゼントらしいです。もちろん広州タワー観光も含まれているのでしょうね。

濱江西公園のカラオケシステム

ファイル 917-1.jpg夕方6時ころ、公園内をウロウロしているとデュエットする声が、ソノ声に引き付けられて近寄ってみると、スクリーンに映し出しています、それにカラオケシステムは鉄ラックに入っていて、スピーカも大きく、本格的です。私が歌えそうな曲はないだろうなぁ~と遠めに眺めていました、ところで電源は?余計な所が気になって電源線を辿ってゆくと20メートル程のところに大型発電機を発見!!流石です、恐れ入りました。夕暮れのなか周囲は未だ明るく、完全に暗くなった頃は大勢の人が集まるのだと思います。

かなりレベルが高い!

ファイル 916-1.jpg海珠湖という公園で必ず見かける人達が居ます、望遠を有る一点に向けたオジサン達です、それも1箇所ではなくアチコチで。遠めに眺めていると野鳥撮影、共通なのは10メートル位先の小枝に餌を仕掛けて辛抱強く待つこと、もしかするとソコへ飛来した野鳥の羽ばたきを撮影する、こういったモクロミなんでしょうかね?写真からその雰囲気はわかりますよね、ちょうど一人のオジサンが餌を仕掛けています(写真左隅)、それで右側の人たちの望遠を見てください、私の望遠なんかオモチャに見えてしまうプロ仕様のものばかり、相当ハマッテいますねこの人達。普通公園の入り口には公園紹介看板が掲げられていますよね、ここで見かける事が出来る野鳥とか・・・ソノ写真の凄い事、ベストといえる瞬間が捉えられています。あのオジサン達の作品だとスグに判ります。いつ来るか判らないのに一日カメラを構えている様です、彼らの熱意には頭が下がります。

人物を撮ってみた

ファイル 915-1.jpgファイル 915-2.jpgファイル 915-3.jpg
どうなんでしょ人物の撮影というのは。私、被写体になってくれる彼女が居ないもので・・・現地調達というか、ブラブラ歩きなが遭遇した一瞬をパチリ!。こうやって後ろ姿や側面から気を遣いながら撮影、いかがですか?良い雰囲気で撮れていませんか?。被写体になってくださった方、有難うございます!

忘れてた、既に約5キロ歩いていた

ファイル 914-1.jpgファイル 914-2.jpgファイル 914-3.jpgファイル 914-4.jpgファイル 914-5.jpg
広州タワー周辺を歩く前に海珠湖を1周してきてました、忘れてました。なので今日はトータル約25キロ歩いた事になりますね。そういえば足が少し痛くなっていました、これが限界のようです。写真ですが最近ちょっと壁にぶつかっています。これまで同様な写真ならコツがつかめてきましたが、ソレ以上の出来栄えがなかなかありません。被写体を変えるとか撮影方法を変える必要があると感じています。

広州タワー周辺を歩いた!

ファイル 913-1.jpgファイル 913-2.jpgファイル 913-3.jpgファイル 913-4.jpgファイル 913-5.jpg
今週は数ヶ月ぶりのまとまった雨、幸いに週末は快晴になってくれて本当に良かったです。雨上がりの次の日はとても空気がキレイでしたが、また徐々に視界が悪くなっています仕方ありません。という事で今日は午前11時~午後7時までの8時間、広州タワー周辺を約20キロを歩いて来ました。写真ですがガスにかかって白っぽくなっていたので画像処理して見易くしています。あしからず。

ユーティリティ

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

ページ

  • ページが登録されていません。

新着エントリー

過去ログ