エントリー

絶対に何処かに有る筈だ!?

ファイル 1273-1.jpg今日の午後は南山区西丽(シーリ)の西沥水庫(※)周辺をブラリ散歩して来ました。(※地図上では地名を"西丽"と書くのに湖は"西沥水庫"と書いてあって少し気になりますが)、で、何故行ったかというと"最近は警備が厳しくなった"とブログで書いていますが、じゃ!ココの警備はどうか?と確認したくなった、という只それだけの理由ですが、、、、で結果ですが、やはりココも同じでした、ダム堤防にはバリケードが有ってシッカリ警備して敷地内に入る事も出来ません。何処かに入り口は??と数キロ歩いてみましたが見付からず!です。でもですよ!道路脇には多くの釣具店が軒を並べています、立ち入る事が出来ないのに釣具は必要かぁ??という事は絶対に何処かに湖畔への道が有る筈です、私はそう思っています。地元の人では無いから見つけ出せないだけだと思います。

地下鉄が出来て駅前が一変した!

ファイル 1272-1.jpg3日前の散歩で判った事ですが、地下鉄5号線:長嶺陂駅の東側にある村が完全に無くなっていました。地下鉄が出来る前はココはヘンピな村だったと思うのですが、地下鉄が開通し駅が出来たとたん再開発が始まってコノ村が消滅してしまいました。中国のアチコチで起こっている開発問題は知っていましたが、目前の街が、こうもアッサリと消えてしまうと中国スゴイ!と思ってしまいますね。写真ですが、工事現場は2メートル以上の鋼板で仕切られていて見えませんが、ところどころ破損して小窓?が出来ています、その小窓からケータイで撮影しました、工事現場はこんな感じです。

最近は警備が厳しくなった!

昨日は用事があって凤岗(フェンガン)镇へ行ってきました。宝安:交通局前→(794线)→观澜(ガンラン)バス駅→(深莞2线)→凤岗:永盛大街というルートで全てバス移動!。実はココ13年位前に訪れた事が有りますね、今はウォルマートが出来て、町並みがスッカリ変わってしまいました、変わらないのは近くの公園と山だけ。

また观澜→凤岗へ行く途中に珍しく検問が有りましたね、バスが止められ警察2名がバス内へ入ってきて全員の身分証の提示を要求、彼らはハンディー端末を持っているから身分証をかざすと一瞬にして顔写真が表示され本人確認が出来てしまいます、スゴイ!私はパスポートを提示して事無きをえました。このように最近は警備が厳しくなりました、バス駅だって地下鉄だって警備員による金属検知チェックとX線検査は当たり前です。

ファイル 1271-1.jpgそうそう!3日前の散歩は実は長嶺陂水庫を散歩する予定でしたが入場禁止になっていました。2014年頃までは自由に立ちいれてました、水庫(ダム)の堤防部分や湖畔の一帯は公園風に整備されていて多くの家族ずれとか、ハイキングや散歩とかで賑わっていたのを覚えています、それが現在ではテロ対策でしょうか?水資源確保は市民生活の重要な問題ですからね!しかた有りません。

旧第二国境(長陂駅⇒二線公路⇒下梅林駅)を歩く

第二国境は経済特区とそれ以外を別ける為のバリケードの事です。バリケード内(特区内)側には監視の為の石畳の道路があり、西端は南山区から始まり東端は塩田区まで、香港の国境と一緒です。第二国境は現在はソノ役割を終えて一部は遊歩道として再利用されているようです。なんせ深セン特区をスッポリ覆っていている事は判りますが私も全てを歩いた訳ではありません。現在は頑丈な筈のコンクリ支柱が倒れたり有刺鉄線が酷く錆びていたりです。かつては政府関係の施設なのでソノ全体を紹介するサイトは少なく、衛星地図からソノ痕跡を見つけては自分の足で確認しています。

経済特区のWIKIはココ
深センのWIKIはココ
また、私の過去のブログをご覧下さい、

ファイル 1270-1.jpgさて昨日は、地下鉄5号線:長嶺陂駅で下車し、旧第二国境の遊歩道へ入り峠越え、地下鉄9号線:下梅林まで歩いて来ました。衛星地図上では約10キロですがUP-DOWNもあるので私的には約12キロだと思っています。深セン市街に非常に近く地下鉄駅で行ける便利なコースという印象です。
ファイル 1270-2.jpgファイル 1270-3.jpgここは2012年夏と2014年夏に訪れています、地下鉄5号線は2011年6月に開通ですが、私が2012年の夏に長嶺陂駅を訪れた時は再開発の初期の段階でしたね、駅周辺には生活区(5階建て程度のアパートの集まり)が有りましたが、完全に撤去され地下深くまで掘り起こされて今は当時の面影は全くありませんね。既に完成した建屋もあって後から地図を見ると大学名が多く見付かります、近くに大学城という駅がありますが、このエリアも大学城と同じ学生の街になるのでしょうね。

ファイル 1270-4.jpgファイル 1270-5.jpgまた峠を越えて(つい最近開通した)地下鉄9号線:下梅林方面へ下って行くと緩やかな長い下り坂が続きます、途中から見える深セン市街も2012年夏と比べ変化が見れますね。たぶん平安国際金融中心だと思いますが、西日を浴びてキラキラ輝いていますね。

2日間寝込んで、3日目は完全復帰!!

金曜のバス移動にはサスガに参りました、鼻水が止まらず頭が重くコレは完全に風邪の症状です。という事でコノ2日間は風邪薬を飲んで食事の時以外は部屋にこもって寝ていました、その甲斐あって3日目の朝から復帰できました。

ファイル 1269-1.jpg午後からチョット一汗をかこうと铁岗水库路を歩いてきました。初めての土地では有りますがアパート近くのバス停から乗って終点なので楽ですね。歩いた距離は約6キロ、病み上がりには丁度良い距離だと思います。

ファイル 1269-2.jpgファイル 1269-3.jpgファイル 1269-4.jpgファイル 1269-5.jpg
さて日本では紅葉が始まったと聞きますが、、、こちらで秋をイメージさせるモノを探しながらの散歩、こちらでは珍しい紅葉(モミジだと思います)を見付けました、遊歩道の街路樹として植樹されていますが、どれも木の勢いがなく小ぶりばかり、やはり気候が合っていないのかな??ところで望遠レンズだと簡単なのに標準レンズだと苦労が多いです、被写体を約30センチまで近づけるのに土手を登ったり不安定な所で撮影したりして、良い写真を撮影するための苦労が多くなりました。私としては望遠レンズが良いと思っています。

バス移動で鼻風邪をひいた!!

ファイル 1268-1.jpg昨日は用事が有って広州へ行ってきました、ついコノ前までは広州市番禺に住んでいたのでソッチ方面の地理は良く判っているつもりですが、今回行った黄埔区の東にある保税区は初めての土地でチンプンカンプンです。例によって衛星地図で移動方法を探したのですが、ここ深圳市宝安からのバスがなかなか見付かりません。普段便利に使っているバス検索アプリは深圳なら深圳だけ、広州なら広州だけで、深圳⇒広州の都市間をまたがった検索が出来ません!いろいろ探すと都市間を移動するバス検索アプリも有りましたが、何処から乗車して何処へ到着するのかチンプンカンプン、もう実際行ってみるしか無い訳です。という事で見つけ出した移動ルートは宝安バス駅⇒広州東駅(青線:約2時間)⇒広州東バス駅⇒黄埔区保税区(赤線:約2時間)、合計約4時間ルートです、これ往復ですから移動開始:朝7時~夜8時:帰宅とまる一日を使ってしまいました、トホホ、、、。ま、次にもう一度訪れるか不明なので、これで良しとします。ところで移動に使ったバスが非常に寒かった、ここ数日の寒波に加えバス内はエアコンがギンギンに効いていて、とうとう鼻風邪をひいてしまいました、オマケに体も痛くで困ったものです。

レビューの執筆依頼があった。(Panasonic RAWファイルの復元)

先日、EaseUS Sotware という会社から Data Recovery Wizard Free 10.8 の、特に写真復元について本ソフトを紹介をして欲しいとの依頼が来ました。先に報告した。

JPGファイルの復元結果についてはココをご覧下さい。

"Panasonic RAWファイルの復元する"、実は執筆依頼があってからコノ確認が私が最も試したかった事です、そもそもRAWファイルというのは各社の高級に属するデジタルカメラでは対応しているフォーマットですが互換性が無く各社独自のプログラムで現像します。そして Panasonic社では LUMIX RAW Codecと称して専用の現像プログラムを提供しています。このRAWファイルについて詳しくはココココをご覧下さい。では、本題です。。。。

■さっそく、実験開始!!
先日の実験と同じくSDカードを完全消去します、前回同様にCanonのデジカメを使って物理フォーマット、その後でターゲットとなる Panasonicのデジカメでフォーマット、実験の手順ですが以下の通り。。。

①SDカードを物理フォーマットする。(Canonのデジカメでフォーマット)

②SDカードをフォーマットする。(Panasonic DMC-GX1 でフォーマット、合計:2回のフォーマットでカード内を完全にクリアにする)

③撮影する。(Panasonic DMC-GX1:RAW形式に設定する) ⇒ Data Recovery Wizard Freeでスキャン

④削除する。(Panasonic DMC-GX1で"削除"を使う) ⇒ Data Recovery Wizard Freeでスキャン

■結果発表!!
ファイル 1267-1.jpg結果ですが、④画像ファイルを削除した後でも一部分が復元出来ます。

結果:
26画像
┗ リカバリーOK:18画像
┗ リカバリーNG: 7画像
┗ 消失: 1画像

補足説明①:
この"一部分"という表現には非常に深い意味が有って、この結果だけ見て"なぁ~~んだ全部復元出来ないんだぁ~"なんでアッサリ言わないで下さいね、そもそも削除してしまったファイルを復元する訳ですからね!、これは世界の何処かにいる貴方の友人を住所・番地を知らされずに探し出す事と同じですよ!!、、、コノ例えが良いのかどうか、、、、。もし復元の可能性を少しでも高くしたければ、使用においては撮影した一部分だけ削除して再び撮影する事を繰り返さないこと、面倒かもしれませんが撮影前にSDカードの(カメラのメニューにある)フォーマットを薦めます。そして、もし誤って削除した、或いはクラッシュに気付いたら使用を止めて、カメラから抜き取って本ソフトでリカバリーを試す事ですね。

補足説明②:
私は2015年5月に、EaseUS Data Recovery Wizard Free 8.8を使って Panasonic RAWファイルの復元を行った経緯があります。当時、本家現像ソフト提供会社では、RAW形式データの復元サービスを行っていましたが、Panasonic のカメラ DMC-GX1 はサポート外でした(製品を作った本家がサポートしない!!!)、それで EaseUS Data Recovery Wizard Free 8.8 をD/Lして復元を行いました、当時はjpgファイルだけの復元でしたが、現在はRAWファイルの復元が可能なわけで可也改善されたと思っています。

当時のブログは、ココココをご覧下さい。

銀行員とチャットした!!!

ファイル 1266-1.jpg昨日、自分の携帯電話を工場出荷状態にリセットして色々なアプリを再インストールしながら元に戻しています、ところが中国銀行のアプリには引っ掛かってしまいました!携帯電話(本体と電話番号)は不変ですがアプリを再インストールしたために、画面に写真のようなメッセージが!!つまり携帯電話での使用がロックされてしまった訳です、セキュリティがシッカリしているのは良いですが、使えないのは困りもの。確かPC上からロックを解除出来る記憶がありましたので試しましたが旨く行きません。仕方なくチャットサービスを利用する事に、最初は人工知能が応対していますがラチがあかず、銀行員と直接チャットを要求、これ全てインターネット上の話です。それでもラチが空かず、自分で冷静になって再度PCを操作して判った事は、インターネット上のユーザ名が大文字じゃなく小文字になっていた、銀行で開帳した時は大文字だったのに、、、、そんな事知りませんよね。時間と労力を掛けて自分で解決する事が出来ました。

秋を感じさせるイメージ、、、

ファイル 1265-1.jpgファイル 1265-2.jpgファイル 1265-3.jpgファイル 1265-4.jpgファイル 1265-5.jpg
小南山公園は頂上の直ぐ近くまで車道が整備されています、頂上へは更に小道を登る事になります、日没まではかなり時間があったもので、小道を登ったり・下ったりしながら西の海を眺めていました。小道の脇は只の草花が茂っていますが夕日があたってキレイです、そのなかから秋を感じさせるイメージを紹介します。

今日は完璧だったぁ~~!!

ファイル 1264-1.jpgファイル 1264-2.jpgファイル 1264-3.jpgファイル 1264-4.jpgファイル 1264-5.jpg
毎日が素晴らしい天気が続いていますね、雨が降る気配すらありません!何処にゆくにも傘を持たずに安心して外出できます。気温はやはり30℃を超えることは無く(感じでは)湿度も30%程度、洗濯物も良く乾きます。という事で、こんな良い天気なので今日も小南山公園の夕日を見にバスに乗って例のお寺の脇から登山して来ました。それにしても今日の夕日は完璧でしたね!日没の西の空には雲は一切なく、ガスは有ったものの日没を見届ける事が出来ました。夏の蒸し暑さも良いですが、この秋の天気も良いですね。

ユーティリティ

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

ページ

  • ページが登録されていません。

新着エントリー

過去ログ