エントリー

2008年05月の記事は以下のとおりです。

今、横浜に来ています

この時期は期末と期初めの全体会議が有って日本に出張して来ました。ホント気が利く営業がいて、以前問題の有った顧客への訪問をこの出張にアサインしてくれていて、こっちはお陰で報告書作成に追われています。火曜日は成田から横浜の仕事場へ直行し、翌日の待ち合わせ時間も早いので仕事場で宿泊しています。宿泊といっても会議ソファーに横になる程度のお粗末さです。ま、高い宿泊代を浮かすという意味では効果有りです。

1287KHzの深?広播電台

1287KHzの深?広播電台はココ宝安の私のアパートでも強力に入感します。夜間になっても信号は安定しており直接波だと判ります。送信所はどこか?探してみた所、どうやら福田区新洲南という地域だと判りました。私も深?の地理に明るくないのですがGooogleマップやSogouマップで調べてみて私のアパートから東南東へ直線距離で10キロメートル程度です。色々探しているとこんな情報が見つかりました。送信所近隣の住民への電波による人体への影響調査結果です。深?もちょって昔までは田舎の漁村だったのが人口の急激な増加で住宅化が進んだ結果だと思います。

Yahoo!JAPANへの提案

コメント機能についてモラルの無い書き込みが多く見られたので、Yahoo!JAPANにクレームを入れました。以下はそのやり取りです。
Yahoo!JAPANの回答
Yahoo!ニュースカスタマーサービスxxxxです。いつもYahoo! JAPANをご利用いただき、ありがとうございます。お客様からお問い合わせの「コメント機能」についてご案内します。Yahoo!ニュースのコメント機能について、ご指摘をいただき、お手数をおかけしております。コメント投稿は、節度を守ったご利用をお願いしておりますが、マナーの徹底が行き届かない場合がございますことを、深くお詫びいたします。Yahoo!ニュースの各記事は、コメントを表示させずにご覧いただくことができます。コメントが表示されている記事ページで、[コメントを表示しない]をクリックしていただきますと、すべての記事でコメントを表示しなくなります。この設定は、ブラウザを閉じたり、パソコンを終了させたりしても保持されます。どうぞご利用くださいますようお願いいたします。また、誠に恐れ入りますが、利用規約に反しているコメントを見つけられた場合は、該当するコメントの右にある[削除/違反報告]をクリックし、お知らせくださいますようお願い申し上げます。[削除/違反報告]にてお知らせいただいたコメントは、担当部署にて該当のコメントを確認し、利用規約に照らして対応させていただきます。お手数をおかけいたしますが、ご協力をお願いいたします。不快な投稿・利用規約違反の投稿については、下記ヘルプページもご参照くださいますと幸いです。◇【ニュース】不快な投稿・利用規約違反の投稿があったらhttp://help.yahoo.co.jp/help/jp/news/news-60.html ご連絡誠にありがとうございました。これからもYahoo! JAPANをよろしくお願いします。
私からの指摘内容
元のメッセージ: ご利用のサービス:ニュース お問い合わせのURL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?c=cn&t=l お問い合わせいただいた内容:こんにちは、中国に駐在していますxxxと申します。いつもYahoo!JAPAN殿を利用させて貰っています。Yahoo!JAPANは私のホームページになっています。ひとつ、ニュースのコメント機能について意見させて下さい。意見:即刻、ニュースからコメント機能を削除すべきです。理由:どのコメント内容も悪意に満ちており言いたい放題の状態です。Yahoo殿は意見を述べる場を提供するだけで、その意見に何が書いて有っても一切の責任は無いのですか?社会的責任が重い事を、御社の経営者交えて今一度認識して頂きたいと思います。

日本人救助隊の活躍

中国、四川省で活躍している日本人救助隊の活躍を評価する記事が有ると友人から教えて貰いました。こちらをご覧下さい。ここに書かれている文章をエキサイト翻訳で直訳すると次の通りとなります。→日本人の礼儀の度を過ぎる全世界は名声を聞きます しかしこの時のはお辞儀をしますと 人を心が動かせます(中略)歴史をしっかり覚えるのは憎しみに続くためそうではなくて、これが最も良い解釈なことを信じます。胡主席が言うように両国を眺めます:歴史を銘記して、協力を強化して、すばらしい未来を創始します!!

田舎の生活よりはマシ

Yahoo!JAPANの記事の様に、少年を不法に就労させる事は論外だとしても、地方の貧困地区から来た人々にとって、この広東地区の最低賃金(750元)と企業の福利厚生は魅力的な筈です。だって毎日の食事は会社持ち、1部屋に8人と雑居と窮屈とは言っても会社が全部用意してくれる。シャワーだって毎日行けるのですから。一方、田舎に戻ると貧乏で明日の食事にも事欠く、基本的に生まれた時と結婚した時の2回しか体を洗わないという地方も有る訳ですから。...コッチの多くの企業は、そういった安い労働力を今でも必要としているし、そういった仕事を探して上京してくる人々が多く居るのが現状です。この需要と供給は今後も続くと思います。今年中国の労働法が改正され労働者保護が益々強く打ち出されていますので、企業も従来と同じ様な安さでは雇用する事は出来ませんが、キット何か法のスキをついて旨くやるのでしょう。

嘘の義援金募集に注意

どうやら「四川大地震の義援金募集」と嘘をついてお金を騙し取るサギが横行している様です。昨晩、深?の地元放送局で注意を促していました。そういえば私も、香港でも深?でも大きな交差点や有名デパート近くで義援金を呼び掛けているのを見ました。また義援金受付窓口として指定の銀行口座番号へ振込みを促すケースも有る様です。身近では、このアパート下のカルフール(家楽福)のエントランス付近でも義援金を呼び掛ける人々を見ました。それらが本物なのか偽者なのか私は知りません。そもそもコッチでは、沿道や歩道で援助を求める人々(乞食)がとても多いです。ある人は、中国古来の楽器である二胡(ニコ)をヒタスラ演奏している両盲目の老人、両足が無く地面に這いつくばっている老人、1歳程度の子供を路上に薄い布団をひいて寝かせている老婆、帰郷するお金が無いと訴えている20歳そこそこの若者、お腹の子供の為に援助を求めている20歳そこそこの妊婦、どれもこれも嘘か本当か判らない怪しい人々ばかりです。そんな嘘と本当が混じり合って中で、本当に困っている人を見分ける事は難しい状況です。ですから、仮に本当の義援金募集で有っても、集まった現金が間違いなく100%義援金として贈られるのか?確認する手立てが無い場合も疑う必要が有ります。誰かが一部の金を抜き取るかも知れませんから。友達からはCCTV(中央テレビ)が番組中で公表している口座番号なら安心出来ると教えてくれました。

四川大地震、ココの報道

先ず、この大地震に依って亡くなられた方々へお悔やみ申し上げます。未だ瓦礫の下で生存されている方々の一刻も早い救出を願っています。... 震源となった四川省とココ深?とは直線距離で約1000Kmの距離に有りますが、地震発生当時に私のアパートでも揺れを感じました。部屋の吊り下げ式の灯が数センチ揺れる程度なので日本の表現方法で震度1程度だと思います。日本の地震警報システムなら直ちに警報が上がる仕組みを知っていたので、私はすぐにYahoo!JAPANの地震情報を見に行きましたが待っても警報が出ません。それに日本の地震発生を知らせる地図は日本国内とその周辺だけなので恐らくソレ以外の地域だと思っていました。そして私が四川で大地震が発生した事を知ったのは翌日の昼でした。仕事仲間にも当日の地震を感じたか?尋ねましたが感じた人と感じかなった人が夫々半々でした。...発生して1週間が経とうとしていますがCCTV(中国中央テレビ)を筆頭に香港や地元のテレビ局は連日、この四川地震の災害報道を繰り返しています。特に目立つのがテレビ局が主催したチャリティー番組です。ココでは中国各地の主要テレビ局を幾つか見る事が出来ますが、その何処のチャンネルでもチャリティー番組を見る事が出来ます。番組では義援金を出した企業や個人の方々がテレビに続々と登場し被災者への言葉を伝える方法です。中国を代表する歌手や俳優、有名企業の代表者等がチャリティーで見る事が出来ます。ここで水差す様で恐縮なのですが、何処がチャリティーを最初に始めたか知りませんが各局が一斉にチャリティーを始める様子は、横並び的で少々異様に見えてなりません。これも中央からのトップダウンで放送局も動いたと思います。なにしろ「何か援助したい」「自分に出来る事は無いか?」という気持ちは私も有ります。テレビに出演された企業や個人の方々は私利私欲抜きにして援助されているのでしょう。その気持ちは良く判ります。

滞在は、HOTEL MULIA

フワフワの大型ベッドに大型の液晶テレビ、トイレも自動です大型テレビと大きなソファーです。お客様が契約されているホテルを紹介して貰って利用しています。このホテルは2回目ですが、カナリ豪華な部類に成ると思います。このホテルに入る為にはセキュリティチェックは必須です。まず自動車の場合は1台づつ止められ凸面鏡を使い車両の底面を確認されトランク内や搭乗者の確認も行います。またホテルドア脇には空港と同じ金属探知が有り、全員がそこを通過する必要が有ります。更にホテルエレベータは部屋を空けるカードを差込まないと移動したい階数のボタンが押せない仕組みです。どれも全てが安全性を確保する為の対策なのです。逆に言うとコノ国は治安が悪いという意味になります。この様にしないとお客さんも安心出来ない筈です。私が宿泊した部屋は偶然ですが"スイート"です。参考に部屋内部の写真を紹介しますが、リビング、寝室、それに浴室の夫々にはテレビが完備され、リビング、寝室は三星の大型液晶テレビが設置して有ります。トイレは全自動のウォシュレットで、人が近づくと便器の蓋が自動で開いて立ち去ると自動で閉まり水が流れます。スゴイです。ホテルについてはこちらをご覧下さい。

今、ジャカルタに居ます

今日というか昨日の午後から移動を掛けてきました。香港からキャセイパシフィック社の直行便で4時間とチト長く感じるフライトでしたが、機内サービスは香港発の国際線とあってマアマアですかね。隣の座席に座った女性ですが、座席テレビの調子が悪くて時々画面が出なくなり、頻繁にアテンダンスを呼びつけて調子を見て貰っていたら、着陸の前になってアテンダンスが1本のワインを持ってきてお詫びのプレゼントしていました。受け取りを何度も断っていたので「何なら私が貰ってあげようかと」思いつつ成り行きを見ていたら、結局は彼女ワインを受け取りました。ところで、こっちの着陸時(夜9時ころ)の温度で28℃とアナウンスしていましたので今の深?よりは暑いようです。明日1日はお客さんの所に行き、あさっては深?へ戻る予定です。

そんな事、フツーです

アッチの木の上にもコッチの木の上にもYahoo!JAPANの記事を見て、そういえば深?のトーチリレーの際に友人が撮影した写真を思い出しました。友人の話に依ると、沿道には尋常では無い多くの人々が溢れており、後方で見ている一部の人は写真の様に街路樹に登って見ていたとの事。でも中国に長年住んでいて思うのですが、こんな些細な事は驚くに価しません。コッチではもっと酷い事が日常茶飯事ですから。平気で信号無視、ナンバープレート無しの車が普通に街を走っている、それを警察も取り締まらない、平気で逆走する、平気でゴミを投げ捨てる、電車・バス・エレベータだって降りて来る人が居ても乗り込もうとする、平気で白タクシーが走る、正規のタクシーだって怪しい、バスの中のスリ注意、また降りた時のヒッタクリに注意、不法就労、給料の未払い、企業の夜逃げ、ワイロ、癒着、数え上げればキリが有りません。日本では何か一つの現象を見つけては、面白可笑しく、ある時は大袈裟に紹介しますが、これら現象の動機的な原因まで掘り下げて報道して欲しいです。

ユーティリティ

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

ページ

  • ページが登録されていません。

新着エントリー

過去ログ