エントリー

2017年10月08日の記事は以下のとおりです。

何かと何かを一緒に写す、(^O^)

という事で阳朔の報告ですが、普通は携帯電話のカメラで撮影していますが手軽にパノラマ撮影が出来るので大抵はコレで満足しています、ただアノ場所だけをもっと大きく撮影したい、、、とか思ったらズームが必要ですね、今回はメインのカメラ(100~300ミリ)はお留守番、サブのカメラ(15~45ミリ)を持参してきましたが、そして今回のテーマは”何かと何かを一緒に写す”という事、これ出発する時から決めていた事でして( ̄Д ̄;;。ちょっと大げさでしたね。さて、そのテーマに沿った撮影した中からマアマア良さそうという物を紹介します。

 20171008233842.jpg

水牛と阳朔の山 ⇒遇龙河の川岸に沿ってサイクリング道を走っていると、休耕地に水牛の放し飼い、暫くすると縄を引っ張って移動開始。スカサズ撮影してみました、すると縄を引いている叔父さんが”撮影するなら10元”と言うから、”ちょっと待ってよォ~”と言ってお金は払いませんでした。( ̄Д ̄;;

 20171008233843.jpg

竹筏と阳朔の山 ⇒遇龙河は漓江の支流です、私個人的には漓江よりもこの遇龙河の方がお気に入りですね(^ー^)、何故かって?それは川幅が狭く流れは緩やか、光の加減では水面が鏡面のように反射し、阳朔の逆さ山が本当に綺麗です。\(⌒∇⌒)/特に竹筏で川下りしている最中の逆さ山が一番ですね\(⌒∇⌒)/。

 20171008233844.jpg

蝶々君と阳朔の山 ⇒本当はコスモスの花を期待していましたが\(⌒∇⌒)/、そもそもコノ時期、コノ場所にコスモスが咲くのか??大きな間違いでしたね。( ̄ー ̄; ヒヤリ、コスモスじゃ無いけれど、そこに蝶々君が居てくれたから撮りました。光の加減とか課題はありますが、ソコソコだと思います。

 20171008233845.jpg

ほおずきと阳朔の山 ⇒川岸のサイクリング道路を走りましたが、ここだけに見られましたね\(⌒∇⌒)/、種が上流から流れて来てココで根付いたのでしょうか?来年も同じ場所に咲くのでしょうかね??来年も行く予定だから探してみますね\(⌒∇⌒)/

 20171008233846.jpg

稲わらと阳朔の山 ⇒遇龙河の流域はかんがい用水が整備され、そのお陰で水田が多くを占めています、ある所の田んぼでは稲尾が色づいて垂れ始めています、また有る田んぼでは写真のような稲わらを束ねて田んぼに放置してあります。この風景、どこか日本の古さとのイメージに近いです。近くに村上春樹珈琲店という名前の珈琲店が有って、村上春樹にちなんだ場所のようです。まだ一度も入ってませんが( ̄Д ̄;;。

よかったらクリックお願いします。⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ 深セン情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ マカオ情報へ

  • 1

ユーティリティ

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

ページ

  • ページが登録されていません。

新着エントリー

過去ログ